2016年11月25日

本日をもちまして

こんにちは☆ 小木会計事務所の竹本です(^^)


私事ですが、本日をもちまして産休、育児休暇に入らせていただきます。


年末調整や確定申告など、会計事務所にとって繁忙期となるこの時期に産休に入らせていただくことになり
お客様や事務所には大変ご迷惑をおかけし、心苦しい限りです。。(>_<)


そんな中、

「無事に元気な赤ちゃん産んでね(^^)」

「ゆっくり子育て頑張ってね。」

「また戻ってくるの楽しみにしてます♪」

「引き継ぎのお客さんのことは任せてください。」

など


お客様や、会長、所長、スタッフのみなさまから暖かいお言葉をいただき、
私もお腹の子も幸せ者だな、と実感しております。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


退職するわけではございませんが、
自分の机や身の回りの整理・整頓や、

image1.JPG
(↑beforeも撮っておけばよかったと思うぐらいきれいにすっきりしました。笑)
お客様に関する引き継ぎなどをし、
スタッフとの最後の会話をしていると
本当に来週からここにいないんだ〜〜となんだか寂しくなり、また来週も来ちゃおっかな?!なんて思ってしまいます。


小木会計でお世話になって3年半。

未経験で即戦力になりもしない私を採用してくれた所長。笑
そんな私に嫌な顔ひとつせず、たくさんのことを教えてくれ、支えてくれたスタッフのみなさん。
ひよっこな私を暖かく受け入れて、見守ってくれたお客様。

たった3年しかたっておりませんが、今までを振り返ると、たくさんの方に支えられて今の自分がいるんだな、と改めて感じました。

この感謝の気持ちを復帰後も忘れず、微力ながらもたくさんの人にお返しできたらと思っております。


生まれて初めての出産、子育てですが
自分らしく、マイペースに頑張りたいと思います。(^^)




だんだん寒くなってきましたが、お体崩されないよう、ご自愛ください。


またお会いできる日を楽しみにしております☆







posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:41| Comment(0) | asami

2016年11月16日

年調変更点

こんにちは 小木会計事務所の大柳です。

あっという間の11月中旬。
村国山もかわいく色づいています。
P_20161116_121516_PN.jpg

さて、前回谷口のブログに引き続き
年末調整について
その中でも、今年の変更点についてです。

 @ 通勤費の非課税限度額引き上げ
 A 国外扶養親族の提出書類要
 B 29年以降の扶養控除申告書等にマイナンバー 記載不要
   (以前提出された方)
 C 29年以降の給与1,000万超の方は控除上限220万!!
   月にすると83万以上の方が対象。(増税です。。。)

・・・あまり影響はなさそうですね。

今、政府で議論されている控除の改正が決まると
来年は配偶者特別控除の対象額が増えそうです。
控除を議論するのなら
この際、扶養控除申告書を
もっとわかりやすい様式に改定してほしいものですね。


もうひとつ望むなら、所得税よりも社会保険の扶養条件
・106万(大企業にお勤めの方のみ)
・130万(大企業以外にお勤めの方)
の方が働くうえで制限になっているのではないでしょうか。

国民年金の第3号被保険者になれれば
年間20万近い保険料が免除です。
大きいですよねー。
かしこい女性陣は年収調整しますよねーーー。


不満ついでにもうひとつ。
先日所長がマイナンバーの添付をしっかり整えて
相続税の申告書を提出したところ
税務署ではまだマイナンバーに関する書類の
受け入れ態勢が整っていないとのこと。
税理士事務所ではてんやわんやしてるのに
言いだしっぺの政府系が整備されてないって、、ねぇ。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:40| Comment(0) | reiko

2016年10月28日

繁忙期まであと少し

こんにちは、小木会計事務所の谷口です。

気づけば今年も10月の終わりを迎えております。


11月に入りますと、


9月決算・・・年末調整・・・法定調書・・・12月決算・・・確定申告


というように、ここから税理士事務所の繁忙期が始まっていきます。


熊ではないですが、食べ物のおいしい秋のうちに

しっかりと栄養のあるもの(自分の場合野菜系。。。)を食べて、

繁忙期を乗り越える健康な身体作りしておかないと!と思っております。


私たちのお客様でもあります事業者の方は、まずは年末調整の資料集めが

大仕事になるかと思います。


ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、

今年から源泉徴収票の様式が

A6 から A5 

に変わります。

平成28年度源泉徴収票(赤枠は無視してください)
無題.png

それに伴って、源泉徴収票に記載すべき事項が増えております。

具体的には、「扶養家族の氏名のフリガナ」です。

平成28年分の扶養控除申告書にはまだ「扶養家族の氏名のフリガナ」を

記載することが求められていませんでしたので、

今回の年末調整で記入していただく、平成29年分の扶養控除申告書から

記載が必要となってきます。


もしこちらに書類をいただく際に記載がありませんと、

大切なお名前なので、こちらでテキトウにフリガナを付けるわけには参りませんので、

その都度お会社の方についてひとりひとり問い合わせていくことになってしまいます。

年末調整の書類を従業員さんから集める際には、記入いただく情報が

すべて記載していただいているかを確認いただきますよう

ご協力よろしくお願いいたします。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:46| Comment(0) | masanori