2022年01月11日

賃上げ促進税制最大40%控除! 〜雇用増や賃上げご検討中の会社様に朗報です〜

こんにちは 小木会計事務所の大柳です。


令和4年度税制改正においても賃上げへの改正が盛り込まれ、岸田政権の力の入り具合がうかがえます。

それでは詳しく見てみましょう。
まず「賃上げ促進税制」とは
給与支給額を前期より増加させた場合、その増加額の一部を税額控除できる制度。
「所得拡大促進税制」の改称版です。

近年の要件は
R3.3.31までに開始する事業年度
@ 給与総額が前期より増
A かつ、対象事業年度内すべての月分の給与支給者の給与総額1.5%増 ⇒15%税額控除
B 【上乗せ要件】↑のアンダーラインが2.5%増、かつ、教育訓練費増 or 経営力向上計画認定⇒25%税額控除

R3.4.1-R4.3.31までに開始する事業年度
@ 給与総額が前期より1.5%増 ⇒15%税額控除
A 【上乗せ要件】↑のアンダーラインが2.5%増、かつ、教育訓練費増 or 経営力向上計画認定⇒25%税額控除

そして今回の改正
R4.4.1-R6.3.31までに開始する事業年度
@ 給与総額が前期より1.5%増 ⇒15%税額控除
  or
  給与総額が前期より2.5%増 ⇒30%税額控除
A 【上乗せ要件】教育訓練費が前期より10%増 ⇒控除率+10%

画像1.png

40%の税額控除に該当すると
+地方税税額控除額の10%節税
+経費増による実効税負担30%節税
=実質負担は経費増の26%きらきら
毎期決算賞与を出されてる会社様でしたら、比較事業年度は決算賞与を損金計上せず、該当事業年度の支給月に損金計上、期末にさらに決算賞与を損金計上することで、優遇税制に該当しやすくなりますひらめき
ただ、法人税額の20%が上限。。。
税額控除を活かせないがく〜(落胆した顔)なんてのは避けたい!
この上限、、、ネックです台風


posted by ☆小木会計事務所☆ at 21:53| Comment(0) | reiko

2022年01月05日

あけましておめでとうございます

こんにちは、小木会計事務所の宮川です。

今年も福井で過ごすお正月になりました。
家族や親戚とご飯を食べたり、ゆっくり過ごすことができました。
1歳と0歳の親戚の子の可愛さが爆発しておりました。
赤ちゃんは周りを明るくしてくれますね!
あまり会わない親戚のおばちゃんな私は、まだまだ警戒されてましたが、遠くから伺いながら笑ってくれます!
今度はもっと仲良くなれますように。
赤ちゃんへ声を掛けるときの声は、「やや高め・ゆっくり・抑揚たっぷり」になってしまいますが、赤ちゃんはこの声が大好きで、聞くと安心するようです!

新しいコロナ株も流行っているので、まだまだ気をつけて過ごす日が続きそうですが、みなさまも体調にお気をつけください。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 02:10| Comment(0) | sakura

2021年12月24日

メリークリスマス★

こんにちは、小木会計事務所の佐々木です。

みなさんメリークリスマスイブ★
クリスマスプレゼントはもらいましたか?
なんと小木会計事務所には所長サンタからのプレゼントがありました!
ありがとうございます。大切に使わせていただきます。

2021年も残すところあと1週間となりました。年末調整の時期ですね。
2020年分から年末調整で必要な資料が1枚増えました。基礎控除申告書です。

2019年分以前の基礎控除の金額は一律38万円でしたが、2020年分以降は合計所得金額に応じて控除額が異なります。また、上限金額も48万円と10万円引き上げられました。
所得が大きいほど基礎控除金額は少なくなってしまいます。

2,400万円以下         48万円
2,400万円超2,450万円以下 32万円
2,450万円超2,500万円以下 16万円
2,500万円超 0円


明日から雪予報になっているので今年はホワイトクリスマスになりそうですね。
年末に向けて大掃除などたくさんやることがありますが、体調管理をしっかりしていこうと思います。
みなさまもお体に気をつけてお過ごしください。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:13| Comment(0) | miyu