2019年10月25日

年末調整

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。


今年も残り二か月となり、年末が近づいて来ていますね。


会計事務所の年末の業務と言えば、何といっても年末調整ですが

2020年の1月から源泉所得税法の改正が行われることをご存知でしょうか。

これによって、2020年度の年末調整において一部手続きに

影響が出てくるそうです。


2018年度にも配偶者(特別)控除の改正を受けて一部の申告書で

様式変更が行われたばかりですが、

2020年の税制改正後も申告書が大幅に変更される予定で、

年末調整が例年以上に複雑になる可能性も心配されています。


2020年度税制改正で年末調整に影響する内容

@     給与所得控除の引き下げ

A     基礎控除の引き上げ

B     所得金額調整控除の創設

C     配偶者・扶養親族等の合計所得金額要件等の見直し


上記の内容をうけて、年末調整業務にどのように影響するのかを想定してみると、

以下のものが考えられます。


1、申告書の変更

2、申告書の記載事項をチェックする負担が増す

3、年末調整業務のやり直し作業が増える


このように年末調整業務は年々複雑になってきています。

しかし、今回の改正では2020101日以降の年末調整書類の提出方法に

「電子申告」も加わることが決まったそうです。それに加え、最近は

年末調整申告書の配布から回収までをオンラインで管理する動きも

活発になっています。


このようなシステムを使って、年末調整業務が飛躍的に効率化されると

皆さんが他の業務に使える時間が少しずつ増えていくのではないかと思います。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 09:13| Comment(0) | yasuko

2019年10月18日

ふるさと納税で災害支援

こんにちは、小木会計事務所の山口です。

最近、少し肌寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

この時期になるとインフルエンザが流行し始めますよね。会計事務所の繁忙期と同時期なので、予防接種をすべきかどうか毎年悩みます。少しでも予防をということで、事務所に「クレベリン」を置いてもらいました。室内空間の消臭、ウィルス除去・除菌をしてくれるとのことで、効果に期待したいと思います!

さて、10月ももう折り返しましたが、今月も様々なニュースが日本を駆け巡っています。
印象的なところですと、1日の消費税増税に始まり、小学校教員の同僚によるいじめ問題、ラグビーW杯のあの感動的ですばらしい戦い(テレビの前でついつい祈ってしまいましたよね)、そして先週末に日本を襲った台風19号。
特に東日本の広い範囲で停電や河川の氾濫等が起こり、多くの人々に甚大な被害をもたらしました。
この台風により被害に遭われた多くの皆様へ 心よりお見舞い申し上げます。

私でもできることはなにか・・・

(会計事務所という立場からでもあるのですが)
ふるさと納税で台風19号被害 支援募金が可能です。
2008年から始まったこのふるさと納税制度ですが、10年以上が経ちかなり浸透して、みなさんも1回くらいはやられたことがあるのではないでしょうか?
手続きも簡単で、離れた場所でも応援したい自治体に寄附できる。まさに今ですね
今までも甚大な自然災害への支援募金としてふるさと納税も活躍しています。
大したことはできないかもしれないけれど、少しでもなにかできないか。
そう思われていたら、今回ふるさと納税で支援も一つ方法ではないでしょうか。


そして、一刻も早く復旧しますように
posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:58| Comment(0) | noriko

2019年10月11日

キャラもの食品の消費税

こんにちは小木会計事務所の杉野です。
今月からスタートした消費税10%、まだまだ実感ないですけど
とある記事をみて、ちょっとおもしろかったのでご紹介します。

★キャラおせちの消費税率は2パターン★

 百貨店大手各社が来年のおせち料理を発表しました。おせちは、飲食料品などを対象に導入された消費税の軽減税率(8%)が適用されるのですが、一部商品は税率10%が適用されるとのこと!よく似た商品でも税率が異なるなんて!でもなんでexclamation&questionって思いませんか?

たとえば
「はろ〇きてぃのおせち詰め合わせ」10,800円(8%)
  と
「おせち詰合せ/〇ィズニー」12,100円(10%)
ともに16センチ四方のプラスチック製容器に入った二段重。
人気キャラクターが蓋にあしらわれている点も似ていますが、「はろ〇きてぃ」の税率は8%なのに対し、「〇ィズニー」は10%が課税されます。

 同じおせちでも商品によって税率が異なるのは、食品とそれ以外の商品を組み合わせた商品に特別なルールが適用されるためです。

 おせちは8%ですが、器が特別で消費者が再利用すると店側が見込む場合、食品と器のセット商品とみなされ税率が10%となります。ただし、@税抜き価格が1万円以下で、A価格に占める食品の割合が3分の2以上――なら、食品が主役の商品であるとし軽減税率の8%が適用されます。税抜き価格が1万円で食品の割合が3分の2以上を占める「はろ〇きてぃ」は8%、1万円超の「〇ィズニー」などは10%となるということです。

ややこしあせあせ(飛び散る汗)
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:57| Comment(0) | tamiko