2022年03月25日

疲れた時こそ適度に動く

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。
たくさん積もっていた雪も融け、町内の江ざらいも終わったことから、間もなくぽかぽか陽気の春を迎えることが出来そうです。
休みの日に外に出るのは億劫だな〜と思いつつ、雪かきや外仕事でクタクタになりながらも、おや、次の日には意外と身体がスッキリしたぞ、といった感覚があった気がしました。
 実は、スポーツの世界ではすでに多くのところで取り入れられている「アクティブレスト」というものがあるようです。疲れたときにあえて体を適度に動かし、血流を良くして疲労回復を早めるといったものだそうです。
 普段の仕事では、椅子に座りっぱなしということもあり、同じ姿勢を長く続けるようになります。そうすると血液の循環が悪くなり、体のだるさや疲労感を感じ、筋肉が硬くなることによる肩こりや腰痛、冷え性、筋緊張性の頭痛などさまざまな症状が起こるようです。確かに、前までは感じることのなかった肩こりを感じるようになったのは、それが原因なのかと。
 そして、それを改善するためには血流を良くすることが最適のようです。血流が良くなると、@筋肉が硬くなってしまうのを防いだり、A筋肉内にたまった疲労物質を早く代謝することができたり、Bむくみなどが解消出来たりと、大きな回復効果が期待できるようです。
また、運動によって脳にフレッシュな酸素が行きわたると、頭がスッキリして気持ちもリフレッシュすることから、運動をするといいアイデアを思いついたり、気持ちが明るくなったりするようです。
そんないいこと尽くしの『適度な運動』とはどのようなものがあるかといえば、@近所を軽くウオーキングしたり、Aゆっくりとストレッチをしたり、Bプールで泳いだりといったものです。気をつけたいのは、息が切れるほどの運動ではなく、隣の人と楽しく会話できる程度の適度な運動であることだそうです。疲れをとるための運動が、さらに疲労度が増すことのないように、心地よい程度に体を動かすことが大切なようです。
 私個人としては、冬場にため込んだ脂肪を燃焼させるという、重要なミッションをクリアするためにも、三日坊主にならないようにしっかりと習慣化できるようにしたいものです。
 ぜひ皆さんも、自分に合った『適度な運動』を見つけて、健康で充実した毎日を送りましょう!
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:49| Comment(0) | naru

2021年11月20日

準備は出来ていますか?

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。福井県の冬の味覚「越前がに」の漁が11月6日に解禁となって、はや2週間が経ちました。みなさんはもう召し上がりましたか?カニが始まったということは、もうまもなく寒い冬がやって来るということですね!最近、「柿がよくなったから大雪になる」とか、「カメムシがいつもより多いから大雪になる」といった、天気ことわざを近所の方からよく聞くようになりました。果たして、今年も大雪になってしまうのか?心配になってしまいますね。
さて年末も近づいて来たこともあり、年末調整・確定申告に向けた準備が始まってまいりました。そして、毎年、注目が集まる「税制改正」。その前の「税制改正大綱」が12月末に発表されるものと思われます。2021年度の税制改正では、住宅ローン控除の期間延長や面積要件の緩和がありました。そして2022年度税制改正でもまた、住宅ローン控除制度が大きく変わる可能性があります。今後の動向が非常に気になるところです。
そもそも住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得する際に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちいずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。加えて、消費税率10%が適用される住宅の取得をして、一定の期間内に契約し、令和4年12月31日までの間に入居した場合には控除期間が3年間延長されます。自宅を購入する人にとって非常に助かる制度です。
逆に住宅ローン控除の対象にならない場合もあります。贈与で取得した住宅や生計を一とする親族などからの取得の場合は、住宅ローン控除利用ができません。住宅ローン控除の対象となるのは、金融機関や指定基金、住宅資金の貸金業者から借り入れた場合に限られています。
住宅ローン控除の手続には、確定申告が必要となり、さまざまな書類の提出が必要です。会社員等の給与所得者の場合、2年目以降は年末調整の際に「住宅ローンの残高証明書」と「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」を勤務先に提出すれば手続完了です。
とはいえ、ただでさえ師走で気忙しく感じるなか、引っ越しなども大変かと思いますので、直前になって慌てる事のないよう、事前にしっかりと確認しておきましょう。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:08| Comment(0) | naru

2021年07月02日

新しい技術

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。北陸地方が梅雨入りしてから、早2週間が経ちました。暑さに加えて、ジメジメとした日が続いておりますが、みなさまお健やかにお過ごしでしょうか??

さて、先々月の5月の終わりに、世界初の量産化に向けて準備が進められている次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」の工場が、越前市に完成したようです。「全樹脂電池」は、いろいろな形状になる樹脂製の強みを活かして、ドローンやロボット用など幅広い用途に広げていくようです。それにしても、ライバル同士となる「全樹脂電池」と「全固体電池」の工場が同じ越前市に揃うというのも、凄いことだな〜と感じています。研究者の方のおかげで、新たな技術が生まれて、私たちの生活が便利になっていくと思うと、本当にありがたいことだと思います。

話は変わって、先日、祖母が住んでいた時から我が家で使っていた冷蔵庫がついに壊れてしまいました。今は懐かし「National」製ということもあり、相当長く頑張ってくれていたのですが、ついにこの時が!?その後、電機屋さんへ行き、そこでビックリ!?
製造年毎での電気代の比較の表があるではないですか!?もちろん、その表には使っていた冷蔵庫の製造年は無かったのですが、もっと早くに替えれば良かった〜!と思うくらいの省エネ具合!身近なところでも技術の進歩を感じた次第であります。

世界的な話から、なんとも、日常の話で恐縮でしたが、新しいことやモノへの理解を深め、スピード感のある変化についていかないといけないな!と身が引き締まりました。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:11| Comment(0) | naru