2019年05月02日

平成から令和へ

こんにちは。小木会計事務所の三笠です。
2019年4月1日 新元号が発表され、31年続いた平成は終わり、ついに、5月1日より「令和」となりました。

新元号は「令和」ですが、この意味やこの元号になった経緯がとても気になり少し調べてみました。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、令和は万葉集の梅の花の歌の序文から出典したそうです。
漢字そのものの意味というと、、、

「令」
神のお告げや、上位者のいいつけ
おきて、お達し
清らかで美しいさま

「和」

和解
丸くまとまった状態
ゆったりと和らいださま

そしてこれが万葉集の梅の花の序文です。かわいい

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす

時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められているそうです。

万葉集は日本最古の歌集であり、天皇や貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌がおさめられており、そして、日本の豊かな国民文化であり、長い伝統を象徴する書物であることから選ばれたようですね。

香り高い文化と四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を次の時代へと引き継ぎ厳しい寒さの末に咲き誇る梅のように、日本人ひとりひとりが明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができるようにと安倍総理はそうした願いを込められました。

私達の国の歴史や文化が色褪せることなく、美しい自然を愛でる平和な時代にしていきたいものですね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:49| Comment(0) | naoko

2019年01月21日

インフルエンザについて。

こんにちは、小木会計三笠です。

全国各地でインフルエンザの流行警報が出ましたね。例年は1月下旬から2月上旬が流行のピークらしいですが、今年は一週間も早く警報が出されました。その流行した原因ですが、関東の場合1月は晴天が続き空気が乾燥して、喉の免疫力が低下しインフルエンザウイルスが活性化してしまったそうです。
乾燥がどれだけの影響をもたらすか。恐ろしいものです。
昨年は、A型B型と同時に流行ったそうですが、今年はA型中心で、これからB型が流行りだすと更に厄介なことになります。
静岡の小学校では、しゃべることで飛沫感染を防ぐため、給食時におしゃべり禁止を実施されているそう。
適度な湿度と、手洗いうがい、徹底した対策が必要ですね。

長々と書きましたが、そんな私も乗りたくない流行りにのりまして、とにかく大変な目にあいました。
高熱がでてからの検査が早かった為一度目は陰性でしたが、20時間以上経ってからの二度目の検査でも陰性で
お医者様も首をかしげ、とりあえず点滴を打つ。朝になると点滴の効果がなくなったのか昼近くになると、また39.5℃に。
その晩再再度検査してようやく陽性が出て、みんなで大喜び。原因不明なものほど気持ちの悪いものは無いのです。
本来喜べないものが喜びへ変わってしまいました。

そしてここで、今回インフルエンザにならなければ知ることのなかったインフルエンザ新薬 ”ゾフルーザ”について。
従来処方されていたタミフルでは一日2回、5日間服用するのに対し ゾフルーザは一回だけ。
症状の改善効果はタミフルと同等で、タミフルは増殖したウィルスが外に出るのを防ぐ仕組みらいしですが、
ゾフルーザはその増殖自体を抑えウィルスを殺す力は100倍も大きいそう。
一度の服用でこれだけの効果があれば、周囲への感染防止効果も期待できるかも知れません。


なにはともあれ、熱が下がってきてほっとしております。
これからもまだ暫く、寒い冬が続きます。うがい、手洗い、マスク着用徹底し
風邪をひかぬよう、皆様もどうぞお気を付けくださいね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:22| Comment(0) | naoko

2018年10月26日

防災訓練について。

こんにちは 小木会計事務所の三笠です。

朝夕めっきり冷え込んできましたが、みなさまお元気ですか?
紅葉はまだ少し先だけど、秋風に揺れるコスモスやうろこ雲をみて、すっかり秋色になった景色を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。かわいい
私はそんな景色を満喫しながら、各地で行われている様々なイベントに参加しましたが
その中でひとつ、とても貴重な体験をさせて頂きました。

それはなんと・・私の住んでいる地区の防災訓練です。
午前8時になるサイレンを合図に、玄関口にバケツをおいて一時避難所に避難をし、二回目のサイレンで広域避難所に避難を開始する。
(このバケツを置く意味は、避難完了の印でした。)
想定は、災害:地震、被害:土砂災害・越水・漏水、橋の崩壊。

広域避難所に行ってからは、消防隊の方からのお話がありました。
非常持ち出し品の確認や、室内、室外にいて地震が起きた場合どうするか、等。
家の中にいて地震が起きたときは、まず、机の下に隠れる。これは一般的だと思いますが、外で地震が起きたときどうするか。勿論外と言っても色々な状況がありますが、ガソリンスタンドが近くにある場合は、ガソリンスタンドへ一時的に逃げ込むように、との事でした。

ガソリンスタンドは防火対策も万全で、阪神淡路大震災では、ガソリンスタンドで火を食い止めた事例もあるようです。

近年日本では特定の地域に限らず様々な場所で大きな地震が発生しています。私たちが住んでいる地域にもいつ大きな地震や災害が起きるかわかりません。
不意の災害に備え、日頃からの心構えが本当に大切だと実感しました。

一緒に避難訓練した4歳の娘はきっと、何が起こっているのか全く理解していなかっただろうと思うけど、消防隊の方々の服装や、避難場所の風景ををなんとなくでも覚えることは出来たのではないかと思っています。

実際に災害が起きることを考えると、きっと冷静に判断なんか出来ないだろうな、、なんて思うけど、一次避難所や広域避難所への経路を確認しただけでも大きな収穫になったのではないでしょうか。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:54| Comment(0) | naoko