2019年10月25日

年末調整

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。


今年も残り二か月となり、年末が近づいて来ていますね。


会計事務所の年末の業務と言えば、何といっても年末調整ですが

2020年の1月から源泉所得税法の改正が行われることをご存知でしょうか。

これによって、2020年度の年末調整において一部手続きに

影響が出てくるそうです。


2018年度にも配偶者(特別)控除の改正を受けて一部の申告書で

様式変更が行われたばかりですが、

2020年の税制改正後も申告書が大幅に変更される予定で、

年末調整が例年以上に複雑になる可能性も心配されています。


2020年度税制改正で年末調整に影響する内容

@     給与所得控除の引き下げ

A     基礎控除の引き上げ

B     所得金額調整控除の創設

C     配偶者・扶養親族等の合計所得金額要件等の見直し


上記の内容をうけて、年末調整業務にどのように影響するのかを想定してみると、

以下のものが考えられます。


1、申告書の変更

2、申告書の記載事項をチェックする負担が増す

3、年末調整業務のやり直し作業が増える


このように年末調整業務は年々複雑になってきています。

しかし、今回の改正では2020101日以降の年末調整書類の提出方法に

「電子申告」も加わることが決まったそうです。それに加え、最近は

年末調整申告書の配布から回収までをオンラインで管理する動きも

活発になっています。


このようなシステムを使って、年末調整業務が飛躍的に効率化されると

皆さんが他の業務に使える時間が少しずつ増えていくのではないかと思います。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 09:13| Comment(0) | yasuko

2019年08月02日

専従者給与

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。


暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。




さっそく本題に入りますが、


先日、私は個人事業主のお客様の「青色事業専従者給与に関する変更届出書」という


届出を税務署へ提出させて頂きました。






青色申告者の場合、次の要件をすべて満たす親族に対して支給した給与については、


「青色事業専従者給与」として必要経費に算入することが可能です。




1.青色申告者と生計を一にする配偶者その他の親族であること


2.その年の1231日現在で15歳以上であること


3.その年を通じて6カ月を超える期間、専ら事業に従事していること






そして、青色事業専従者給与を経費にするためには、事前に税務署への提出が必要です。




専従者給与は「青色事業専従者給与に関する届出書」に『記載されている金額の範囲内』において専従者が実際に給与の支払いを受けた場合に、労務の対価として相当と認められるものについて必要経費に算入することが認められています。




今回、なぜ変更届出書を提出したのかというと、前もって提出してあった届出書に記載した給与額を超えて増額する必要があったためです。




しかし、年の途中での変更が認められているからといってやみくもに専従者給与を増減させることは、利益操作を疑われる恐れがあるので避けたほうが良いそうです。




なので、最初に届出書を提出する際は支給しようと思っている給与額より少し高めの額を記載しておくと、届出額の範囲内で増額した際に「変更届出書」を提出する手間が省けるのでお勧めです。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:38| Comment(0) | yasuko

2019年04月26日

生命力

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。

平成最後の小木会計ブログのテーマは、これから新しい元号と共にやってくる
新しい時代を生き抜くための「生命力」について書こうと思います。

地球最強不死身生物「クマムシ」を皆さん、ご存知でしょうか。
水がなくても120年生き、摂氏150度、マイナス200度の環境に数分間放置されても
死なず、真空に近い状態でも、強い放射線に晒されても生き延びる宇宙生物クマムシ。

これからの時代を色々な意味で生き抜くために、このクマムシの生命力ぐらいの
図々しさがあれば鬼に金棒です。

図々しいという単語にネガティブなイメージを持っていらっしゃる方も多いかと
思いますが、日本人はもっと図々しく生きたくらいがちょうどいいらしいです。

これからの時代はめまぐるしく変化していく事が想像されます。
その変化に戸惑うよりも、悠々と楽しみながら颯爽とどんな困難でも乗り越える事が
出来たら、人生において得をする事になりますよね。

ビジネスにおいても図々しさは大事なスキルのようです。

来たる令和でも、皆さまの益々のご発展ご躍進を心よりお祈り申し上げます。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 13:31| Comment(0) | yasuko