2018年04月18日

サムアラ研修

こんにちは、小木会計事務所の直江です。

4/13にサムライアライアンスのスタッフ研修会が開催されました。


定期的に各事務所のスタッフが研修内容と資料を準備し、講師を務め、事務所間で知識を高めています。


今回の研修は小木会計事務所の新人のスタッフが担当することになり、入社2年〜1ヶ月のスタッフが頑張って準備していました。


内容は『相続』!


なかなかヘビーなネタをするんですねf(^_^;

掘り下げたら1時間でまとまるのかな?


と心配しましたが、


基礎的な話から少し専門的な話までしっかり出来上がっていました!

説明もわかりやすく、上手でした。


べた褒め(笑)

磯野波平さんの相続のシミュレーションの話もあって、あの家(土地)の評価額に驚きました(笑)

東京の庭付き平屋建ですから、仕方ないでしょう(^_^;)


通常業務と平行して大変だったと思いますが、お疲れ様です!


分かっていても、説明するということはとても難しいですよね。

理解しているつもりでも、人に説明しようと思うと、上手くできないということもあります。

なかなかその内容について深く調べるということは無いので、準備したスタッフも良いスキルアップになったと思います。


勉強になりました(^_^)/



S__4431875.jpg
posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:52| Comment(0) | hiroko

2017年06月28日

税額控除制度の利用

こんにちは、小木会計事務所の直江です。

ジメジメした季節になりました。
家のまわりにカエルくんがたくさん遊びにくるので、もうすぐ2歳になる娘は「くわぁくわぁ」とカエルの歌を歌い喜んでいます。
娘は日々成長して私の知らないところでも新しいことを吸収していて感心するばかりです。
歌も上手に歌います。
泣きまねもします。
着替えをしたり靴を履いたり。
この数か月でできることがたくさん増えました。
先日亡くなった小林麻央さんのことを思うと、子供の成長を見れることがこれまで以上に愛おしく、うれしく感じられます。


さてお仕事のお話。


先日お客様が作成されている元帳を決算のために見させていただいた時、昨年までには出てきていない用語が並んでいて、新しく何か始めてみえるかなと思うことがありました。


会社が製品の製造又は技術の改良、考案若しくは発明に係る試験研究のために要する原材料費、人件費及び経費のほか、他の者に試験研究を委託するために支払う費用の支払がある時、試験研究費の総額に係る税額控除制度などを受けることができます。

中小企業においては、その事業年度の損金の額に算入される試験研究費の額に12%を乗じて計算した金額が限度額となります。
(ただし、中小企業者等税額控除限度額がその事業年度の法人税額の25%相当額を超える場合は、その25%相当額を限度)


お客様に確認したところ、開発に関わる費用一覧を作成していただけたので、上記の中小企業技術基盤強化税制と試験研究費の額が増加した場合等の税額控除制度を受けることが出来ました。


これから新しく何かにチャレンジすることをお考えのお客様は担当者にご相談ください。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:55| Comment(0) | hiroko

2017年05月22日

健康診断

こんにちは、小木会計事務所の直江です。

確定申告が終わると、今度は3月決算の季節。
会計事務所はここが終わらないと繁忙期が抜けたなという気になれないのです。
ここでやっと一年を終えた感じ。
よく考えれば、1年の半分くらいは繁忙期になるのではないでしょうか(笑)

そんな忙しさのなか、春が終わりかけて、もう夏が近づいてきました。
ほんといつの間にって感じです。

小木会計もお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、新しいスタッフが何人か増えました。
春は出会いの季節ですね。
また新しいスタッフも担当で伺ったり、ブログも更新すると思いますのでよろしくお願い致します。


さてさて、春に健康診断を行う会社は多いのではないでしょうか。
私も来月健康診断です。

仕訳をするときに健康診断の消費税を非課税とされていることをよく見かけます。

医療に関しては、消費税は非課税とされていますが、非課税の対象になるのは健康保険法
などの法令に基づく診療報酬だけで、健康診断等の自由診療料は消費税は課税です。

このため、会社が負担した従業員の健康診断料は課税仕入れとなります。

(国税庁 No.6201 非課税となる取引https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm

健康診断とても気が重いです(-“-) 

去年の胃カメラ辛かったな…

でも忙しさで自分の体調をなかなか労わってあげられない時もありますから、

年に一度くらいは健康診断を受けて労わってあげる機会を作らないといけませんね。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 15:34| Comment(0) | hiroko