2020年01月31日

戻ってまいりました。

ご無沙汰しております。小木会計事務所の竹本です(^^♪

1年間の育児休暇をいただき、年明け1月より復帰しました。
長いお休み、ありがとうございました。
1年もブランクがありますと、税制も所内のことも様々な変化がありますが
どちらにも早くついていけるよう頑張りたいと思います。

引き続き、時短(9-16時)での復帰となり、色々とご迷惑をおかけしておりますが
よろしくお願いいたします。



前置きはさておき。


育児休暇中のとある出来事です。


主人と児童手当がありがたいね〜と話しており、
一体、総額でいくらもらえるの?
と聞かれたので調べてみると


手当の支給の開始は手続きをした月分からですが
終了するのは、一律、中学校修了まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)なのです。


もらい始めは子どもの誕生した月からなのに、修了するのは一律に3月となると
単純に考えて4月に生んだ人のほうが、たくさんもらえるということになりますよね?
(同じ4月でも4/1に生んだ人と4/2に生んだ人では18万円もらえる額が違います。18万円大きい。。)


私は長男も次男も12月に生んでいるので
「何それ〜なんか損した気分〜(-.-)
15歳になるまでにしないと不公平じゃーん。」
と思いました。(ケチ臭いですよね。笑)


※なんなら、長男は12月29日に生んでいるので
手続きしたくても市役所も休みになるし、1月以降にしか手続きできなくて
1ヶ月損した気分!!とまで言っていました。(ケチ臭いですよね〜。引かないでください。笑)



しかし、主人の回答はこうでした。


「でも4月に生んでる人は、俺たちより保育料たくさん払うことになるんじゃ?
そしたら4月生まれの人のほうがむしろ損してるんじゃない?(児童手当でもらう金額より保育料の方が多い場合の話)」

な、な、なるほどー!!!


保育園だって入園時期はバラバラですが、3月でみんな卒園しますもんね。
同じ1歳から入園させる場合でも、4月に生んでいる人の方が私より8ヶ月も保育料払うことになるんだ。。というわけです。


よって、保育料が無料になる3人目は4月に生むと児童手当がまるまるお得ってことですねひらめき


ってそんなどうでもいいことを言いたかったわけではなくて笑



偏ったものの見方をするのではなく、様々な方向からも物事を見ることが大事
ということを実感しました!←これが言いたかったのです


仕事でも同じだなーと。


ついついいつもの視点で物事を判断しがちですが
いろいろな方向から物事を見て、総合的に考えた上で一番ベストなアドバイスができるようになれたらな、と思います。



さー!3月の確定申告まで寝起きでフルマラソン、頑張ります。笑
(興味のある方は竹本の過去ブログのぞいてみてください。笑)



posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:13| Comment(0) | asami

2018年09月28日

平成最後のブログ(※竹本のみ)

こんにちは、小木会計事務所の竹本です(^^)/


いよいよ明日はふくい国体の開会式ですね!
今年は平成最後の〇〇をよく耳にしますが、平成最後の国体となりますね。
開会式から3日間、天皇皇后両陛下も来県されるとのことで
なんと、小木会計事務所からも近い“越前市武生中央公園総合体育館”にもフェンシング観戦をしに来られるようです。
すごい人になりそうですね。
(国体だからって台風までこなくていいのに。。。)
福井県勢の活躍が楽しみです♪


話は変わりますが、先日、お客様と借入の話をしていた際に

「銀行に決算書見せたら、細かくされてますね。と褒めてもらったわ♪」

と嬉しいお言葉をいただきました。

お客様にご自身の会社のことをきちんと把握していただけるよう、お手伝いさせていただいておりますが
こんな形で言葉にしていただけると私も嬉しくなります(*^^*)
これからも少しでも貢献できるよう、頑張ります。


と意気込んどきながらもアレですが、、、

私事ですが、11月の頭に産休に入らせていただきますm(__)m
年明けに復職したばかりで1年も経っていない&またもや繁忙期にお休みをいただくので
お客様やスタッフには色々とご迷惑おかけして申し訳ない気持ちでいっぱいですが(:_;)

平成最後の出産、頑張ります。

またお会いできる日を楽しみにしております(*^^*)
(まだいますが。笑)


posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:23| Comment(0) | asami

2018年07月03日

消える?!職業

こんにちは、小木会計事務所の竹本です(*^^*)


毎日暑いですね〜〜。

あついと言えば、ワールドカップ!

仕事と家事と育児でヘトヘト。。。だけど!
日本戦は全てLIVEで観戦してました。


特にベルギー戦は本当にいい試合でしたね。
いやー惜しかった。悔しい(>_<)

日本のワールドカップは終わってしまい寂しいですが、これでゆっくり寝れます。笑



話は変わりますが、

昨年ころから実用化され始めたAI(人工知能)技術は、ブームとなっていきそうな勢いです。
AIに市民権が与えられたという話もあります。
日増しに報道や出版物も増えていますが、AIが発達すると雇用との関係は今後どうなっていくのでしょうか。

英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授は、

人間が行う仕事の約半分が機械に奪われる

そんな衝撃的な予測をしているそうです。

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した『雇用の未来−コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文が、いま世界中で話題となっており、
同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を仔細に試算したことにあります。

言うなれば、これから「消える職業」「なくなる仕事」を示したに等しく、これが産業界に衝撃を与えているそうです。

下に載せたのは、そうした「消える、なくなる」可能性の高い主な仕事で、いずれもコンピューターに代わられる確率は90%以上という驚くべき数字が弾きだされています。


無くなる仕事.jpg

たくさんありますね。驚
税務申告書代行者も入ってます。
つまり私たちの仕事のことです。(; ・`д・´)ピーンチ


何年後かには、“同僚はAI”という世の中になってしまうのでしょうか。。。
いや、同僚ならまだいいか。AIに仕事を奪われ無職も考えられます(; ・`д・´)ピーーンチ

 2016年に発行されたリクルートワークス研究所の機関誌「Works」No.137に「同僚は、人工知能」というAIと雇用についての記事が掲載され話題を呼びました。

それによると日本では今後、労働人口の49%がAIやロボットにより代替される可能性が高いと言っています。
労働者の半数が仕事を失うとなるとは驚きです。

人間が開発したAIによって人間が仕事を失うことになるとは何とも皮肉なことでしょう。。


未来のことはわかりませんが、
人間にしかできないこともたくさんあると思うので
その部分でお客様にや会社に必要とされたいものです。



最後に、今月の7月10日(火)は、源泉所得税の納期特例を利用されているお客様も納税が必要となります。

各自スタッフから連絡があると思いますが、納付の程、お忘れずによろしくお願いいたしますm(__)m



暑い日が続きますが、お体崩されないよう、ご自愛ください。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 09:37| Comment(0) | asami