2018年04月10日

ご無沙汰しております。

こんにちは、小木会計事務所の竹本です(*^^*)

大変ご無沙汰しております。
約1年半年ぶりのブログ登場となります。

1年間の育児休暇をいただき、年明けから復職しました。
息子が生まれてからの1年は、あっというまで
時間の経過のスピードが今までの4倍速程でした。(大袈裟?笑)

一方、小木会計での仕事となると
1年のブランクが3年、4年のブランクのように感じるくらい、浦島太郎状態で

繁忙期真っ只中での復職は
寝起きでフルマラソンな感じでした。笑


そんな私ですが、お客様や所長、スタッフの皆さんのおかげで
無事フルマラソン完走する(繁忙期を終える)ことができました。
ありがとうございました。


私の希望により時短勤務を利用させていただいており
しばらくの間、勤務時間が午前9時から午後4時になります。

それに伴い、お客様にご迷惑をおかけしておりますが
ご理解、ご協力いただき、ありがたく思っております。

また、時短勤務での復職を受け入れてくれた事務所にも感謝しております。
時短勤務制度が設けられていながら、利用した人がいないから利用できない、と友人からよく耳にしていました。
利用することによって、周りのスタッフにも色々と負担をかけているのですが
早く帰れるよう気にかけてくださり
感謝、感謝です。


限られた時間で、今までと同じぐらいかそれ以上のサービスの提供ができるよう、頑張りたいと思います。
ワーママ(ワーキングママ。ワガママではありませんよ。笑)になった竹本もよろしくお願いします。


最後に。

先日、兼六園の桜を見に行きました。

満開の桜に心が癒されました。
四季がある、日本に生まれてよかった。
と言いながらも
出だしから花より団子でした。笑
image1.jpeg


posted by ☆小木会計事務所☆ at 15:48| Comment(0) | asami

2016年11月25日

本日をもちまして

こんにちは☆ 小木会計事務所の竹本です(^^)


私事ですが、本日をもちまして産休、育児休暇に入らせていただきます。


年末調整や確定申告など、会計事務所にとって繁忙期となるこの時期に産休に入らせていただくことになり
お客様や事務所には大変ご迷惑をおかけし、心苦しい限りです。。(>_<)


そんな中、

「無事に元気な赤ちゃん産んでね(^^)」

「ゆっくり子育て頑張ってね。」

「また戻ってくるの楽しみにしてます♪」

「引き継ぎのお客さんのことは任せてください。」

など


お客様や、会長、所長、スタッフのみなさまから暖かいお言葉をいただき、
私もお腹の子も幸せ者だな、と実感しております。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


退職するわけではございませんが、
自分の机や身の回りの整理・整頓や、

image1.JPG
(↑beforeも撮っておけばよかったと思うぐらいきれいにすっきりしました。笑)
お客様に関する引き継ぎなどをし、
スタッフとの最後の会話をしていると
本当に来週からここにいないんだ〜〜となんだか寂しくなり、また来週も来ちゃおっかな?!なんて思ってしまいます。


小木会計でお世話になって3年半。

未経験で即戦力になりもしない私を採用してくれた所長。笑
そんな私に嫌な顔ひとつせず、たくさんのことを教えてくれ、支えてくれたスタッフのみなさん。
ひよっこな私を暖かく受け入れて、見守ってくれたお客様。

たった3年しかたっておりませんが、今までを振り返ると、たくさんの方に支えられて今の自分がいるんだな、と改めて感じました。

この感謝の気持ちを復帰後も忘れず、微力ながらもたくさんの人にお返しできたらと思っております。


生まれて初めての出産、子育てですが
自分らしく、マイペースに頑張りたいと思います。(^^)




だんだん寒くなってきましたが、お体崩されないよう、ご自愛ください。


またお会いできる日を楽しみにしております☆







posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:41| Comment(0) | asami

2016年08月30日

配偶者控除の見直し

こんにちは、小木会計事務所の竹本です(^^)♪



先日、毎年恒例の事務所の大掃除をしました!

晴天で大掃除日和でしたが、暑さには堪えました〜〜(>_<)汗
年々体がしんどくなっている様な気がします。。笑


ますますキレイになった事務所で、皆様の来訪、お待ちしております(^^)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



前置きはさておき。。


自民党税制調査会の宮沢洋一会長は29日、読売新聞のインタビューに応じ、専業主婦や年収103万円以下のパート主婦のいる世帯の所得税を軽くする「配偶者控除」を見直す方針を明らかにしたそうです。
(2016年8月30日Yahooニュースより)


配偶者控除とは、専業主婦やパートで働く人の年収が103万円以下の場合、世帯主の課税所得を一律で38万円減らす制度のことです。



この制度を適用するために、働く時間を調整する(一定時間以上働かない)方も多いと思います。



政府は、人口減少下における労働力確保や女性活躍推進の観点から見直しを検討しているようですが

私的には、税収増加が一番の目的のように感じてなりません(^_^;)



私の周りは、、子育てしながら働く女性=ワーママ(ワーキングマザー)が多いです。


そのうち、出産後はパートで働くという人が7割、正社員のまま職場復帰するという人が3割という感じです。

働かずに家で専業主婦!っていう人は、今のところ1割以下です。
今は専業主婦だけど、働くために求職している人がほとんどです。


昨年、新婚旅行でヨーロッパに行ったとき、
ツアーで行ったので15組程?の新婚さんがいたのですが
私と宮城から参加している方2人以外は、寿退社され専業主婦の方ばかりでしたわーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗)

地方は共働きが多いのでしょうか。



旦那さんの扶養内で働いている方は、もし配偶者控除の制度がなくなった場合、影響があるのはもちろん、これを機に正社員で働く、というように環境が大きく変わる人も出てくるかもしれませんね。



まだ具体的に決まっておりませんが、政府税制調査会も9月から配偶者控除の見直しに向けた議論を本格化させる見通しだそうです。



今後の動きが気になります。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:05| Comment(0) | asami