2020年07月20日

娘への手紙

こんにちは小木会計事務所の成田です。 

今年高校に入学した娘に「学校でママに手紙書いたよ」と言われました。

それを聞いて思い出しました。入学の際の提出物に「親からの手紙」という恐怖の項目が!!

中学校も急に休校となり、卒業式もできるか…と心配の中縮小で行われ、入学式もできないままという時期でした。

娘のいいところ、心配なところ、家で話しているときに思ったけど伝えられなかったこと…文章力のない頭をフル回転させて手紙を書きました。

それを読んで返事を書いてくれたようです。

提出物として書かないと!と思って書いた手紙ですが、いい機会だったと思います。


先日、お客様のところに訪問した際、保育園から女の子が帰ってきました。初めて見かけたのですが、来春小学校に入学すると聞いて、あ!あの「年末に産まれた!」と話していた子だ!と気づき、驚きとともにうれしくなりました。

お客様のお子さんの成長も、知らず知らずに応援している私です。


注:知らないおばさんからもらった!と手紙を持ち帰ったお子さんがいたら、私かもしれません。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 11:42| Comment(0) | kayo

2020年04月27日

納税が困難な方には、納税猶予があります

こんにちは小木会計事務所 の成田です。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、訪問自粛や訪問時間の短縮、対面ではないメールや電話での相談等にご協力いただきありがとうございます。

個人の確定申告について、申告期限が延長され、振替納税の振替日も変更となりました。
所得税確定振替日 令和2年4月21日→令和2年5月15日(金)
消費税確定振替日 令和2年4月23日→令和2年5月19日(火)

ほとんどの方が外食を自粛されている今、飲食店の方などは急激に売上が減少し、納税が困難で心配されている方もいるのではないでしょうか?
現在、国税庁での取り扱いは、以下の通りとなっています。
『新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時に納付することが困難な場合は、税務署に申請することにより納税が猶予されます。』

現行の猶予の要件は幅広い方が認められ、
・一時の納税により、事業の継続・生活維持が困難なおそれがある。
・納税について誠実な意思。
・納期限から6か月以内に申請がある。
・猶予を受けようとする国税以外に滞納がない。
以上の方は、現行の猶予が認められると…
・原則として1年間納税が猶予されます。
・猶予中は延滞税が軽減されます(通常年8.9%→年1.6%)

さらに、以下の@、Aにどちらにも該当する方は、特例の対象となります。
@新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において、事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。
A一時的に納税を行うことが困難であること。
創設される予定の特例とは、
・延滞税なし
・1年間猶予
・無担保
となっています。

申告済の所得税、消費税は税務署から銀行に振替の手続きがされているとのことで、残高があれば引落がされます。
もし、納税猶予を考えている場合の手続きは…
まず、ご本人様から銀行に引落がかからないように、納税額を確認の上、振替納税がされる口座、その届出印の準備をし、銀行に備え付けの停止依頼書などの用紙を銀行窓口に提出。
そのあと、納税を猶予する届け出書を提出し、承認される流れとなります。

もし、一度に納税が困難と思われている方は納税猶予の利用も一度お考え下さい。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 10:01| Comment(0) | kayo

2020年01月27日

令和元年分確定申告から適用される税制改正

こんにちは小木会計事務所の成田です。

確定申告の時期が近づいてまいりました。

令和元年分の確定申告から適用されるものとして、住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の改正があります。

現行の住宅ローン控除は、毎年末の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除(控除しきれない分は一部、翌年の住民税からも控除)となっていますが、特別特定取得に該当するもの、つまり消費税率10%が適用される住宅取得等について、控除期間が3年延長され13年間となります。

11
年目以降の3年間については、消費税2%引き上げ分の負担に着目した控除額の上限が設定されており、

@住宅購入価格の2/3
A住宅ローン年末残高の1


以上のいずれか少ない金額を税額控除となります。


令和元年101日から令和21231日までの間に居住の用に供した場合に適用です。


消費税8%または10%で住宅を購入された方は、住宅ローン控除と併用可能な「すまい給付金」を受け取られている方も多いのではないでしょうか?

すまい給付金は、住宅ローン控除の際、住宅の取得価額から給付金額を差し引きます。計算明細書にも「交付を受ける補助金の額」の欄が設けられておりますので、忘れずに記入が必要です。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 22:28| Comment(0) | kayo