2014年03月31日

日本の財政と消費税増税

今日で3月も終り、暖かい日が増えてきましたね。
ムダに春になるとうれしくなってしまう人間で、気分が春になっておりうっかり鼻歌なんか歌っちゃったりして、他のスタッフに「頭の中まで春ですね」と笑われてしまいました。
そんな感じで過ごしております、小木会計事務所の青木です☆
普段はうきうきしておりますが、仕事はふわふわせずにしっかりやっているので大丈夫です(^_^)/~

土曜日に出身の新潟大学のゼミの研究会があり、新潟まで行って「日本の財政と消費税増税」というテーマで発表してきました。

3月20日に平成26年度予算が政府案どおりに可決されましたが、例年と同様、歳入のうち約半分は公債の発行で補填されています。
今日で3月が終わるという事は明日からいよいよ消費税が8%になりますが、消費税が8%、それどころか平成27年10月に予定されている10%になってもまだ、日本の財政状態が黒字に転じるには程遠い状況です。

IMF(国際通貨基金)や民間研究機関などから発表されている試算によると、
GDP(国民総生産)で10%分、現在のGDP換算で約50兆円の税収などによる歳入増加が必要とされています。

追加税収10兆円を得るためには、相続税だと91%、所得税だと10%の引き上げが必要なのに対して、消費税は4%と、圧倒的な財源調達力を持っています。
(相続税の91%は課税対象となる相続人が少ないため、非現実的な数字になっていますが…)
50兆円の追加税収を全て消費税で賄おうとすると、20%必要という事になり、現在の5%+20%=25%となる可能性もあるということでした。

調べていてだんだんこわくなっていってしまいました。(^_^;)
さすがに今すぐそういった議論になる事はないですし、消費税が8%になってからの景気の動向などが注視されるのでしょうが、
公債の発行累計が1000兆円を超えたという報道もある中で、税金の負担の仕方と社会保障なども含めた税金からの恩恵のバランスを考え直さなくてはならないのではないかと感じました。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 15:52| Comment(0) | konomi

2014年02月03日

租税教室のアンケート

おはようございます☆
小木会計事務所の青木です。

先月担当した租税教室のアンケートと写真が届きました。



IMG_0166.JPG

DSC_0168.JPG


盛り上がったとはいっても中には退屈にしていた生徒さんがいても仕方がないかなと思っていたのですが
思いのほか高評価のアンケートが多くて、小学生のやさしさに感謝です。

質問もたくさんの子が書いてくれていて、なかなか45分で伝えきる事の難しさと同時にそれだけ税金に対して興味を持ってくれたということなのかなと思っています。
中には「税理士になるにはどうしたらいいか」という質問もあって、税理士という職業にも興味を持ってもらえたことがうれしかったです(*^_^*)

いよいよ2月に突入し忙しい日々は続きますが、この経験を励みにまたがんばろっていこうと思います☆


 

posted by ☆小木会計事務所☆ at 07:48| Comment(0) | konomi

2014年01月17日

租税教室を担当して

おはようございます☆ 小木会計事務所の青木です。

昨日、越前市の小学校で租税教育の授業(小学生に税金の授業をする)をしてきました!

DSC_0026.JPG

会計事務所としての仕事も繁忙期なのでなかなか資料作りの時間が確保できず、直前まで準備して臨んだんですが

予想以上に小学生の反応が活発で、授業のメモなんかもきっちり書いてくれていたのでがんばって準備した甲斐があったなぁとうれしかったです。
4月からの消費税増税のニュースなども多く報道されていますし、比較的税金に対して興味がもたれている時期なのかもしれません。

質問タイムでは、アベノミクスについてや郵政民営化に関する質問も出て、こちらが答えるのに必死でした。笑。

今回授業をするにあたり、自分も改めて税について感じる所がありました。
特に国の予算のうち半分以上である49兆円(平成25年度)が国債(借金)でまかなわれており、借金の合計額が1000兆円に迫る勢いであることを大人でもどのくらいの人が知っているんだろうと思うと、
もっと報道で取り上げてほしいと思うし、税理士として機会を作って広めていく必要もあるんじゃないかと思いました。

税金について権利と義務両方をきちんと理解し、うまく付き合っていける社会になるといいなと思います。



posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:00| Comment(0) | konomi