2020年03月01日

給与計算

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。

先日お客様とお話させて頂いた時に、
給与計算を誰に依頼するか、という話題になりました。

給与計算には4つの方法があります。
@自社で行う方法
A代行業者に依頼する方法
B社会保険労務士に依頼する方法
C税理士に依頼する方法


手間や正確性のことを考えると、
税理士または社労士に依頼するケースが多くなると思います。

税理士か社労士かどちらが良いかは従業員の人数によりますが、
下記にメリット・デメリットをまとめてみました。

<税理士に給与計算を依頼する>
メリット:年末調整処理も一括でできます。
デメリット:従業員の入退社の手続きや、労働保険の更新、
社会保険の月額変更届・算定基礎届の手続きなどの社労士の独占業務は、
税理士が業務を行うことができません。

<社労士に給与計算を依頼する>
メリット:毎年6月にある労働保険の年度更新や、
毎年7月にある社会保険の月額変更届・算定基礎届、
また、従業員の入退社などの手続きがシステムで一括管理できます。
デメリット:年末調整など、税理士の独占業務を行うことができません。


今後、給与計算を誰に依頼するか迷った時の
参考になればと思います。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:29| Comment(0) | yasuko
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: