2019年10月18日

ふるさと納税で災害支援

こんにちは、小木会計事務所の山口です。

最近、少し肌寒くなってきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

この時期になるとインフルエンザが流行し始めますよね。会計事務所の繁忙期と同時期なので、予防接種をすべきかどうか毎年悩みます。少しでも予防をということで、事務所に「クレベリン」を置いてもらいました。室内空間の消臭、ウィルス除去・除菌をしてくれるとのことで、効果に期待したいと思います!

さて、10月ももう折り返しましたが、今月も様々なニュースが日本を駆け巡っています。
印象的なところですと、1日の消費税増税に始まり、小学校教員の同僚によるいじめ問題、ラグビーW杯のあの感動的ですばらしい戦い(テレビの前でついつい祈ってしまいましたよね)、そして先週末に日本を襲った台風19号。
特に東日本の広い範囲で停電や河川の氾濫等が起こり、多くの人々に甚大な被害をもたらしました。
この台風により被害に遭われた多くの皆様へ 心よりお見舞い申し上げます。

私でもできることはなにか・・・

(会計事務所という立場からでもあるのですが)
ふるさと納税で台風19号被害 支援募金が可能です。
2008年から始まったこのふるさと納税制度ですが、10年以上が経ちかなり浸透して、みなさんも1回くらいはやられたことがあるのではないでしょうか?
手続きも簡単で、離れた場所でも応援したい自治体に寄附できる。まさに今ですね
今までも甚大な自然災害への支援募金としてふるさと納税も活躍しています。
大したことはできないかもしれないけれど、少しでもなにかできないか。
そう思われていたら、今回ふるさと納税で支援も一つ方法ではないでしょうか。


そして、一刻も早く復旧しますように
posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:58| Comment(0) | noriko
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: