2019年09月10日

『iDeCo+(イデコプラス)』ご存知ですか?


こんにちは 小木会計事務所の大柳です。 

突然ですがみなさん、
『iDeCo+(イデコプラス)』ご存知ですか?

厚生労働省概要
『企業年金を実施していない中小企業(従業員数100人以下)において、
 iDeCoに加入している従業員の加入者掛金に対して、
 事業主が掛金を上乗せ(追加)して拠出することができる制度』
とあります。


例を上げさせていただくと・・・
  iDeCo掛け金
   ・従業員様1万円
   ・事業主様5千円の上乗せ
   といった具合です。
   (合計が5,000円〜23,000円の中で1,000円単位で決定)
  事業主様の感覚的には中退共に似てる?


特徴
 事業主様が負担した掛け金は
 企業型と同じく、
 @損金算入が認められ、
 A社会保険料の対象外

 企業型と違い、
 B掛け金制限なく
 事業主様は従業員様との掛け金合計が23,000円に達するまで
 自由に上乗せすることが出来ます。



 企業型との大きな違いは、
  事業主様のコストをかけず
  導入できるところです。

 中退共との違いは、
  『iDeCo+』では
  あくまでも従業員様が掛け金を拠出しないと
  会社は上乗せできないので、
  自助努力への意欲を強く刺激することができます。

アメリカはこの仕組みで
401kを普及させました。
素晴らしい仕組みなのです。


ではなぜ日本では普及しないのでしょう?

平成30年5月スタートから今日までの
加入者数は500事業所、4千人。

少なすぎです。

理由はおそらく
企業型と同じく
インセンティブがない

普及させたいなら、金をくれパンチです。
(古い?www)



iDeCo+は
マニュアルを見ながら
ご自身で簡単に申請することができます。

わたくしどもがお手伝いさせていただければ
更に問題なしです。

ぜひ一度ご検討ください。
m(_ _)m

ではまた。



posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:31| Comment(0) | reiko
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: