2016年09月01日

消費税の任意の中間申告

消費税の任意の中間申告ができるようになりましたが

実際に申告を終え、実務での留意点をまとめてみました。

【届出書】

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shohi/annai/2603_02.htm

個人事業者なら、任意の中間申告書を提出しようとするその年の6月末日が

提出期限となります。

届出書を提出すると、所轄税務署より中間申告書と納付書が送付されます。

【中間申告と自主納付】

https://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6611.htm

申告後、期限内に納付がされなかった場合は延滞税が課される場合が

ありますのでご注意ください。

また、届出書は提出したが申告をしなかった場合、

任意の中間申告制度の適用をやめようとする旨を記載した届出書の

提出があったものとみなされ、翌年も期限内に届出書の提出が必要となります。

この点は、中間申告義務のある事業者と取扱いが異なりますので

注意が必要です。

資金繰りなどの観点からも活用できる制度と言えますが

上記の点を理解した上で利用していただきたいと思います。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:05| Comment(0) | kana
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: