2015年07月17日

消費税増税でよくお聞きすること

こんにちは、小木会計事務所の直江です。


消費税が8%に増税されて、約1年と4ヶ月経ちました。


法人の決算では、決算月から2か月後の申告になりますので、一年を通して消費税が8%の取引になるお客様の申告が、3月決算と4月決算と終わったことになります。


そこで打ち合わせや訪問したときにお客様から聞かれるのが、消費税の納付額が思っていた金額より高いということです。


3月決算で中間申告があるお客様はよりそう思われたかもしれません。


というのも、消費税の中間申告は直前の課税期間の確定消費税額の1/2などですので、3月決算の法人でいうと、平成27年3月期で8%に増税されても中間申告の納付額は前期の5%のままで計算されています。


つまり、課税売上や課税仕入がほとんど前期と変わらないとしても今年は8%のうち3%はすべて確定時に支払うという計算になります。


また8%に増税されたことにより翌期消費税の納付が年に2回(中間1回、確定1回)だった法人が、4回(中間3回、確定1回)になることがありますので、納付を忘れないように注意が必要です。


大きな負担のように感じますが、消費税は消費者が負担して、事業者が納付するという預り金のようなものですので、遅滞なく納付していただきたいと思います。




さて真面目な話はこのくらいにして、(笑)


先月も書きましたが、来週いっぱいで産休に入ります。


今日も某クリニックで検診を受けてきたのですが、次の検診では入院の説明があると言われ、いよいよかという感じです。


出産怖い、痛いのやだなという気持ちと、やっと重たい体から解放されるという気持ちと、赤ちゃんはどんな顔なんだろう早く会いたいという気持ちと複雑です。



ご迷惑おかけいたしますが、


産んで元気に帰ってきますので応援よろしくお願いいたします<(_ _)>



posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:24| Comment(0) | hiroko
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: