2014年07月31日

使途不明金

こんにちは。
小木会計事務所 小杉です。

梅雨も明けて非常に暑い日が続きますが、熱中症などにはお気をつけ下さい。


帳簿をつけている中で、現金は出金しているはずなのに、領収証がなく、事業との関連性や支払先が明確にできないということがあるかと思います。

この支出金のことを使途不明金といいますが、この使途不明金は使途を不明にしたままでは必要経費とはできません。

万が一、その不明な支出を経費として計上した場合、合理的な説明ができない場合は、個人の給与と認定される可能性があります。
個人の給与と認定されてしまうと、法人・個人ともに課税されてしまいます。

そのことを避けるため、その使途を説明できる支払報告書や稟議書等の資料を作成して下さい。

領収証を紛失してしまうこともあると思いますが、経費に計上できないわけではなく、こういった十分に説明能力をもった資料を作成することが必要となります。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:09| Comment(1) | ryouji
この記事へのコメント
長年渡って溜まっていた場合、どのようにしたらいいのでしょうか。
Posted by いしもといくお at 2014年07月31日 17:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: