2020年09月30日

地味にコツコツ続けること

こんにちは。小木会計事務所の手賀です。

早いもので私が入所して半年が経ちました。あれよあれよと半年、季節はもう秋。
先日生命保険の控除証明書が届きドキッとしました。もうそんな時期なんですね。
時の流れが早すぎて自分の成長が時間の経過と比例しているのだろうかと日々自問自答しながらどうにかやっております。

さて、先日建設業経理士検定試験の2級を受験してきました。
すぐに解答速報が出まして、自己採点ですが合格満点です。

どのような試験かと申しますと
【一般財団法人建設業振興基金が主催の検定試験です。登録経理試験の実施機関として国土交通大臣の登録を受け、建設業者が健全な発展を図るうえで、適正な経理と計数を行うことは必要不可欠である一方、建設業は受注産業であり会計処理に特殊な点が多いことから財務・経理の担当者は高い専門性が求められます。その建設業経理に関する知識の向上を図ることを目的としています。
中でも1級、2級合格者は、公共工事の入札可否の判断の資料となる経営事項審査の評価対象の1つになっています。】
以上公式HPより

経営事項審査の公共工事の所で有利になる為、建設業の方はご存じかと思います。

試験は上期と下期で年に2回行われており、本来ならば3月に受験するはずでしたがコロナの影響で中止になり
半年間もどかしさを抱えて待ちに待った受験でした。
受験のきっかけは、この建設経理の2級の難易度が日商簿記の2.5級とも言われており、受験の時期的にちょうどよかったことと純粋な興味です。
勉強を始めた1月頃は建設業ならではの勘定科目に戸惑い、会計処理もイメージがあまりできず受かる気がしませんでしたが、勉強を続けているとだんだんわかってくるもので、合格の2文字がチラチラしてきた頃中止となってしまいました。

せっかく勉強したのにという気持ちがずっと残っており、5月の申し込み初日に手続きしました。
次は受験できますようにと強く願いながら・・・
そして8月半ばから再度勉強開始しました。3月受験するつもりでしたので大体理解できているはずなのに
過去問の点数が80点からイマイチ伸びず、なんだかもやっとし始めます。

間違いを大きく分けると
@そもそも理解していない
Aそもそも勘違いしていた
B問題文をよく読んでいない、数字の転記ミス

私のミスは3番が大半でした。おっちょこちょいで、詰めが甘い性格がもう見事に出ています。
このようなミスを、本当はわかっているから大丈夫、本番は見直しするから大丈夫と軽視しており特に深く考えていませんでした。
が、日頃出来ていないことを本番だけやろうとしても出来ないのでは?間違え方によっては落ちることもあるのでは?とある日突然不安になり試験2週間前にようやくミス対策を始めます。遅いですねー。


問題文に関してやったことはこれです!!
・2回読む
・重要な言葉に線や丸を書き込みながら読む
・声を出して読む

これです!!と言った割には特に目新しさもない対策ですが、この3つを徹底しました。
中でも声を出して読むは効果があり、ただ黙って読むより脳に刻まれる気がしました。
数字の確認もやたらと声を出し¥352,000をサン、ゴ、ニ、ゼロゼロゼロと一つ一つ確認、
ゼロゼロゼロ、ニ、ゴ、サンと逆からも確認するようになり、理論も声出しして覚えました。


本番の試験は簡単でしたが(過去問比)ミス対策をしていなかったら合格はできても満点ではなかったと思います。
ミスと向き合ってしまうと自分のダメな所がどんどん出てきて、嫌になりそうでミスと認めないようにしていました。
ミスを素直に認め、対策し、満足いく結果がでた、という過程が嬉しいです。
目標を持つって大事ですが、その目標を明確にすればするほどプロセスが見えてくるので達成しやすい!ような気がします。
大きな目標は合格ですが、1か月毎、1週間毎、1日毎にも目標を設定して貼り出しいつでも見れるようにしてモチベーションを保っていました。
真面目ですねー。受験生みたいですねー。結構楽しかったです。
勉強法は遠回りもしましたが、それでいいと思ってます。自分のやったことに納得できるって気持ちいい。
あと脳は老化していない事がわかったので安心しました。

ですが実務はまだまだです。これからは未知の確定申告に向けて、日々自分をアップデートしていきます
posted by ☆小木会計事務所☆ at 12:56| Comment(0) | tomoko

2020年09月23日

名もなき家事と感謝の心

こんにちは。小木会計事務所の玉村です。

皆様、4連休はどのように過ごされましたか?
例年であれば、旅行に行ったり、帰省したり、お出かけする方が多いはずのシルバーウィーク。ただ今年は、新型コロナウイルスの感染予防として、家で過ごされた方も多かったのではないでしょうか?
ステイホームの時間が増えたことにより、家族と触れ合う時間が増える一方で、それに伴うストレスも問題となっていますね。中でも子育て世代の親御様は特に大変だった事でしょう。

明後日9月25日は「主婦休みの日」。2009年に生活情報誌のリビング新聞が1月、5月、9月と年3日を制定したようですが、初耳の方も多いのではないでしょうか?
「年に3回しか休みが無いなんてブラック企業すぎる・・」という声もあるように、主婦の方がゆっくり休める日は本当に少ないですね。主婦に限らず、家事の担い手に休みは無いように思います。ただ食事を作ったり、洗濯をするだけではなく、たくさんの「名もなき家事」が存在するのです。(代表的なものが、「裏返しに脱がれた衣服をひっくり返す」作業とか、「流し台に放置されたコップ一つを洗う」作業とか・・・)
ステイホームを経て、家事・育児の大変さを実感した方も多いのでは?実際に主婦が家事・育児を休むためには、やはり家族の協力が不可欠です。完全にお母さんをお休みさせてあげられなくても、家事について家族で考えるための日にしてほしいと思っています。
親、パートナー、子供に対して、目を見て「ありがとう」と伝える事は、できていますか?
簡単だと思った方、今日、家に帰ってから、ぜひ実践してください。


最後に、経済産業省及び中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症を契機とした5月の緊急事態宣言の延長等により、売上の急減に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減することを目的とした「家賃支援給付金」の申請受付を開始しております。
経済産業省の発表によると、家賃支援給付金は9月13日(日)までに、約47万件が申請され、そのうち約12.4万件の給付が完了しているとのこと。ただ、確認書類が多いことや入力の食い違いなどから審査に時間がかかっている模様です。

申請の期間は2020年7月14日から2021年1月15日までです。
電子申請の締め切りは、2021年1月15日の24時までで、締め切りまでに申請の受付が完了したもののみが対象となります。

ご参考
経済産業省HP:https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

posted by ☆小木会計事務所☆ at 12:37| Comment(0) | ai

2020年09月12日

信じること

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。朝晩は涼しくなり、コシヒカリの刈り取りも始まって、ようやく秋らしい季節がやってきましたね。最近では福井でも地震が頻発したり、九州では台風による被害が起きたりと、日ごろから防災への備えや意識が必要と感じております。
さて、最近、テレビの「半沢直樹」が再び注目されていますね。堺雅人さんの「やられたら、やり返す、倍返しだ!!」というセリフが話題となりましたが、今回、私が注目したのは、「施されたら、施し返す、恩返しです!」という、香川照之さんのセリフです。「恩返し」という、自分が昔思っていた言葉が出てきてテンションが上がってしまいました。
それと同時に、普段は忙しさからなのか、ついつい自分ばかりの事を考えてしまい、周りの事を考えられていないなぁと感じてしまいますが、この言葉にあるように、周りに恩返しができるようになれるとイイなぁと感じております!
中国の故事に「径寸十枚非是国宝 照千一隅此則国宝」というものがあります。
「直径3センチの宝石10個、それが宝ではない。社会の一隅にいながら、社会を照らす生活をする。その人こそが、なくてはならない国宝である。」というものだそうです。
すべての人がそれぞれの分野で全力を尽くして生きて行くことが、結局は国全体を照らすことになるという解釈となるようです。
先日テレビを観ていたら、高校生になった芦田愛菜さんが、「信じる」ということはどういうことかという問いに、自分の考えを話されていました。とても高校生とは思えない発言に驚きを覚えたのと同時に、自分の意志をはっきり持つことの大切さを教わった気がします。
日々の生活でいっぱいいっぱいになっている状況ですが、今一度、「恩返し」ということを意識して、自分は何ができるのかということも考えながら、スキルアップ・ベースアップ・筋力アップに取り組んでいこうと思います。
最後に、コロナ禍でまだまだ通常の生活とは程遠い毎日ですが、ご自愛くださいまして、この困難を乗り切りましょう。皆さんと一緒になって、地元福井に恩返しができるよう、頑張りましょう!!
posted by ☆小木会計事務所☆ at 12:23| Comment(0) | naru