2020年08月28日

飲食店の経営指標FLコストとFL比率

こんにちは 小木会計事務所の三笠です。

今日は飲食店の経営指標について最も重要とされるFLコストについてお話します。
<FLコストとは>

FLコスト= F(材料費)+L(人件費)
FL比率= {F(材料費)+L(人件費)}÷売上高

FLコストとは、F=food(原価、材料費)、L=Labor(人件費)を足した費用のことを指します。

FL比率とは、FLコストの合計を売上高で割ったものであり、50%程度が一般的な目安となります。もう少し細かくみていくと、Fコストは30%以内、Lコストは20%以内が目安の数値となっています。

<FL比率で何がわかるのか>

FL比率は、そのお店が儲かっているのかを判断する指標の一つになります。FL比率は50%程度が一般的な目安らしいですが、私個人の意見を言わせて頂くとまずは55%を目安とし、60%以上にならないよう努力する。

FL比率は飲食店の売り上げ目標を決める目安としてもつかえます。
例えば、

Fコストが毎月90万円
Lコストが毎月40万円

という場合、
理想の売上高は、毎月260万円

FLコストの合計130万が売上高の50%になるようにするということです。
つまり、130万÷50%=260万

月の営業日数を26日とした場合、一日の売上目標は10万円であることがわかります。
そしてこの10万に達成するには、一日あたり何人集客しなくてはいけないか・・・という細やかな設定が可能となってきます。

このような判断基準がない場合、ただ漠然と売上を伸ばすことだけを考えるだけで良い材料、余計な材料を仕入れてしまいがち、無駄な人件費を発生させてしまいがちです。
しかしFL比率を活用すれば利益を圧迫していることが数値化され、現状を把握しやすくなります。
明確なゴールを設定し、戦略的な経営をするために、FLコストやFL比率を積極的に活用していきましょう〜
posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:52| Comment(0) | naoko