2020年07月31日

あなたの敬語、間違っていませんか?

こんにちは(^^)/
小木会計事務所の竹本です。

今日で7月も終わりますね〜。
暑いのも嫌ですが、子ども達と水遊びやプールもできないまま7月が終わるのもなんだか寂しい気もします。。
来週からは夏らしくなるかな〜??


以前、ボーっと携帯を見ていたら
”使っている人多いけど、、、本当は間違っている敬語8選”
という記事が目にとまりました。
詳しくみてみると、

なぬーーー!間違って使っていたではないかーーー!!(; ・`д・´)

というものがいくつかありましたので、竹本セレクトで勝手に紹介しちゃいます。


バツ1とんでもございません。
え。。。違うの?!普通につかってますけど。。汗

<解説>
「とんでもない」で1つの単語なので、これを2つに分けて「ない」の部分だけを「ございません」
に変えることはできません。
「いいえ、とんでもないです。」が正しい表現。


バツ1○○について存じ上げております。
たまに使ってるぞーー

<解説>
「○○について存じております。」が正しいです。
対象が人であれば「存じ上げている」で問題ないのですが、「あげる」は人以外に対しては
使わない表現です。



バツ1お体をご自愛くださいませ。
うそーん。暑い時期とかよく使ってますやーん。なんなら過去のブログに残っているかも(゚Д゚;)

<解説>
手紙やメールで使うことの多い「自愛」ですが、この言葉に既に「体を大事にする」という意味が含まれています。
「ご自愛くださいませ。」が正しい表現です。


以上、竹本セレクト3選でした。

いかがでしたか?

私と同じ気持ちの方が多いと心強いです(´・_・`)笑


敬語って、社会に出てから自分で覚えていくというか、耳にして身についていくというか
正しい使い方なのかどうか、きちんと知らないまま使ってしまっていることが多い気がします。

調べるとまだまだ間違って使っている敬語に出会ってしまいそうですが。。(*_*;


社会人になっても日々勉強ですね。



来月も気を引き締めて業務に励みたいと思います('◇')ゞ



posted by ☆小木会計事務所☆ at 12:14| Comment(0) | asami

2020年07月28日

レジ袋有料化

こんにちは、小木会計事務所の谷口です。

今年は珍しく梅雨が長く、なかなか外に出られない反面、
涼しくていいなーと思ったりもしています。


さて、今月1日より、プラスチック製のレジ袋が有料化されました。

スーパーではマイバックを準備していったり、
すでに有料化されていたりしたので
そこまで気になりませんでしたが、

ドラッグストアやコンビニでは気を抜いていると
レジで戸惑うこともしばしば。。。

レジで周りを見ていても、一生懸命品物を抱えて
持って帰ろうとする方が多いです。

私はもはやコンビニでお弁当を買うときには
ペイペイなどのポイントでまかなえるからいいやーと
割り切って袋をお願いしています。


小売業のお客様からは、

プラスチックの袋が有料なら紙の袋をくださいと言われたり
有料になったことを説明することで接客に時間がかかったり
お客様に悪印象を与えるような気がしたりするとなかなか影響が大きく

それぐらいならコストがかかってもバイオマスなどの
袋を用意しようかと検討していらっしゃるようです。

この前行ったテイクアウトができる飲食店では、

「袋1枚3円
 ※ただし袋の料金は商品の料金に含まれています。」

という説明書きがありました。
これはセーフなのか。。。

また他の小売店では、1円玉をレジに大量に置いておいて

「端数にお使いください。」(建前。。。?)

というやり方でお客様の負担を軽減できるようにしているようです。



レジ袋を使わないようにしようとする方が増えているので
レジ袋削減という効果は出ているように感じますが
事業者の方々のそばで仕事をさせていただいているので
それ以上にお店側の負担が大きいことが気になってしまいます。








posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:13| Comment(0) | masanori

2020年07月20日

娘への手紙

こんにちは小木会計事務所の成田です。 

今年高校に入学した娘に「学校でママに手紙書いたよ」と言われました。

それを聞いて思い出しました。入学の際の提出物に「親からの手紙」という恐怖の項目が!!

中学校も急に休校となり、卒業式もできるか…と心配の中縮小で行われ、入学式もできないままという時期でした。

娘のいいところ、心配なところ、家で話しているときに思ったけど伝えられなかったこと…文章力のない頭をフル回転させて手紙を書きました。

それを読んで返事を書いてくれたようです。

提出物として書かないと!と思って書いた手紙ですが、いい機会だったと思います。


先日、お客様のところに訪問した際、保育園から女の子が帰ってきました。初めて見かけたのですが、来春小学校に入学すると聞いて、あ!あの「年末に産まれた!」と話していた子だ!と気づき、驚きとともにうれしくなりました。

お客様のお子さんの成長も、知らず知らずに応援している私です。


注:知らないおばさんからもらった!と手紙を持ち帰ったお子さんがいたら、私かもしれません。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 11:42| Comment(0) | kayo