2020年05月22日

コロナの影響


こんにちは小木会計事務所の杉野です。コロナもそろそろ収束が近そうですね(^^)

ふるさと納税にもコロナの影響がでてるそうで、こんな記事があったので、ご紹介します。



 新型コロナウイルスによる影響が、ふるさと納税にも波及しています。全国の自治体で、同制度による寄付額が昨年を上回るペースで増加しつつあることが明らかになりました。「返礼品でまとまった食料を備蓄したい」との声もあり、全国的に話題となった食料の買いだめが、ふるさと納税制度でも起きているようです。

 長野県下伊那郡阿南町では、4月15日までに今年の寄付が約2千件、8300万円に上りました。すでに昨年度分の半額のペースだといい、多くは同町産のコメを返礼品に選んでいるそうです。同じような動きは全国で起きていて、その背景には新型コロナウイルスの流行があると見られます。

 すでに今年分の寄付を済ませたという東京・世田谷区
の男性は、「返礼品は、すべてお米や冷凍食材など、日持ちのする食料品を選びました」と語ります。スーパーなどでの大量購入は周囲の目もあって気が引ける一方、ふるさと納税では誰にも気がねしなくてよいことや、「今は物流が安定しているといっても、この先もそうとは限らない」ことを男性は理由に挙げました。

<提供:エヌピー通信社>



 新型コロナウイルス影響、おそるべしですねexclamation×2今後もふるさと納税での買いだめ≠ェ進むかもしれないので、全国の自治体で返礼品の確保ができなくなるかもしれないそうなので、目当ての返礼品があるのなら、なるべく早めの寄付を心掛けたほうがいいかもしれません。



posted by ☆小木会計事務所☆ at 22:49| Comment(0) | tamiko

2020年05月15日

委員会制度、発足!


こんにちは、小木会計事務所の竹本です(^^)

最近マスクをすることに慣れてきました。
コロナも落ち着いてきましたが、油断もできません。。
”アフターコロナ”ではなく”ウィズコロナ”という気持ちで
今後の働き方&私生活を構築していかなければ、、と思っています。


早くパーっと旅行にでも行きたいな〜〜。と思う今日この頃。。



今回は少し所内の話でも。。(^^)


先月4月より、委員会制度が発足しました。


現在ある委員会は、システム委員会、研修・会議委員会、広報委員会、厚生委員会、総務委員会の5つです。


初めての取り組みなので、戸惑うことや決めることも多いですが
それぞれスタッフ間で、所内の活動が円滑になるよう話し合っております。


発足してから1ヶ月が経ちましたが

今まで
気づいたらいつの間にか誰かしてくれていたことや
これは誰がするんだろう、、と思うこと
いつも同じ人がしてくれていたことなどなど

なんとなーくモヤっとしていたことが明確化し、
各委員会が率先して動いてくれることによって
スムーズになってきたこともたくさんでてきました。

これからも試行錯誤しながら、所内の活動がスムーズ&スマートになるように
運営していきたいと思います。


お客様の会社でも委員会制を導入しているところは
アドバイスいただけたら幸いです(^^)
(どんな取り組み、役割を果たしているのか参考にさせていただきたいです)




posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:02| Comment(0) | asami

2020年05月09日

持続化給付金


こんにちは、小木会計事務所の直江です。

GWが終わりましたが、いかがお過ごしでしたでしょうか。

今年のGWほど静かに終わった休みはないと思いますが、

我が家も

お家BBQ(初めてBBQで火起こしに大苦戦でした)、

お家でDVD鑑賞(1シーズンイッキ見)、

近所の散歩(たんぽぽや蝶々、カエルを見つけて子供は大興奮)、

などをして、遠くに遊びには行けませんでしたけど、それなりに楽しんでいました。


さて、ご存知の方も多いと思いますが、

持続化給付金の受付が開始されました。

給付額は法人200万円、個人事業者100万円で昨年一年間の売上からの減少分を上限としています。

持続化給付金事務局HP→https://www.jizokuka-kyufu.jp/

より申請できます。

基本的にご自身での申請になります。

ですが、

小木会計の各スタッフも理解をすすめ、情報を共有し頑張っていますのでご不明な時はご相談ください。

要件をご確認の上、申請をご検討ください。




posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:40| Comment(0) | hiroko