2019年02月23日

住民税の非課税枠を活かす

るんるんこんにちは 小木会計事務所の大柳です。

1月中は皆様のご協力のもと
年末調整業務と償却資産申告を終えることができました。
ありがとうございます。m(_ _)m

次に控えるは所得税と消費税の確定申告です。

たくさんのお客様とお話しさせていただける
絶好の機会ひらめき
お客様に寄り添い、知識を積んで、知恵をふりしぼって
精いっぱい取り組んでまいります手(グー)

さて本題ですが、住民税の非課税枠をご存知でしょうか?
もしご興味ある方はお住まいの役所のHPをのぞいてみてください。
その中に非課税枠の計算式があると思います。
この非課税額を所得が超えなければ、住民税はかからないという簡単な計算です。

通常、共働きの場合、
扶養親族様は所得の高い方が申告されていると思います。
もしそれを所得の低い方が申告した場合、
低い方の住民税が非課税もしくは均等割のみになるかもしれません。

例えば、こんな感じ。
旦那様 給与年収 500万
奥 様 給与年収 200万
10歳と7歳のお子様の4人家族

旦那様で扶養申告の場合、住民税世帯合計約40万円
奥 様で扶養申告の場合、住民税世帯合計約32万円
その差ナ、ナ、ナント8万円exclamationexclamationexclamation

所得税、住民税の計算上
16歳未満の扶養控除は0円ですが、
住民税の非課税限度額の計算上は、
限度額計算にプラスできるのです。

そこの育休中もしくはパート収入のみの奥様exclamation
ぜひご試算してみてください。
節税ライフでプチ旅行できるかもしれませんよわーい(嬉しい顔)


posted by ☆小木会計事務所☆ at 12:20| Comment(0) | reiko

2019年02月15日

ふるさと納税について

こんにちは。小木会計事務所の玉村です。

確定申告の時期が到来し、当事務所も繁忙期に突入いたしました。
私は入社して初めての確定申告になり、毎日四苦八苦しながら、日々頑張っております。

平成30年分の所得税及び復興特別所得税の確定申告の相談及び申告書の受付は、平成31年(2019年)2月18日(月)から同年3月15日(金)までです。
なお、還付申告については、平成31年(2019年)2月15日(金)以前でも行えます。

さて、本日は「ふるさと納税」について少しばかりお話させていただきます。
ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい自治体に寄附ができる制度のことです。
多くの自治体では地域の名産品などのお礼の品も用意! 寄附金の「使い道」が指定でき、お礼の品もいただける仕組みです。

ふるさと納税は自治体への寄附にあたり、自己負担額が2,000円を超えている場合には、住民税や所得税の還付・控除の対象となります。(※年収、寄附金額、家族構成、その他の控除額等によって、自己負担額や税の控除額は変動します)
ふるさと納税を行い、所得税・住民税から控除を受けるためには、原則として確定申告を行う必要があります。

本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者等については、ふるさと納税を行う際にあらかじめ申請することで確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が、平成27年の4月から始まりました。ただし、適用を受けられるのは、ふるさと納税を行う自治体の数が5団体以内である場合に限られます。

詳しくは、下記の総務省HPに詳しく載っていますので、参考になさってください。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html
posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:19| Comment(0) | ai

2019年02月09日

鬼退治

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。元ぽっちゃりの自分にとっては、冬の寒さにはまだまだ慣れていない今日この頃です(笑)。
ところで、先週の日曜日は2月3日で節分でした。地域の行事や、季節ごとの行事は大事にしていきたいですね。みなさまは、「鬼は~外〜、福は〜内〜」と豆まきはされましたか??小さいころに、赤鬼や青鬼が出てきて、大声で泣いていた記憶があるような、無いような・・・角を生やして、大阪のオバちゃんかと思わせるような派手なパンツをはいた鬼に追い掛け回されていたように思います。
今回は、そんな節分にちなんで、マメ知識をお届けします。(あ、狙っていませんよ(^o^)。)

節分にも登場する「鬼」ですが、「鬼」というのは恐ろしくて怖いものといわれています。
そして、昔から「鬼門」という言葉もありますが、それは、そこから何か邪悪なものが流れてくるとか、邪まなものが入ってくるというように言われています。
「鬼」といえば、みなさん何を想像されますか??
おそらく、桃太郎の話が思い浮かぶのではないでしょうか。桃から生まれた桃太郎が、悪さをしている鬼を退治するために、動物を仲間にしながら旅に出る話です。
 ここでもうひとつ、みなさん十二支をご存知でしょうか??
子・丑・寅・・・と続きますが、その十二支を方角に当てはめていきますと、北東は「丑寅」の方角にあたるわけです。そこから、「鬼」というのは「丑の角」を生やして、「寅柄のパンツ」をはいているとなったそうです。(※諸説ありますが・・・)
何もすき好んで、あんな派手なパンツをはいていたわけではなく、ちゃんと意味があったようです(へぇボタンを押すチャンスですよ!?)
そして退治しにいく動物も、十二支の反対側にいる、申・酉・戌が登場しているようです。
特に意識することなく見聞きしていた話の裏に、そのような壮大なストーリーが隠されていたなんて、全く知りませんでした。
 
 普段目にしているものや、話している人にも、そういった壮大な物語が隠されていると考えると、常にワクワクした気持ちにさせられるのは私だけでしょうか。何かに気づくことができるように、普段から所長が話している、「何事にも疑問を持つ」ということを意識して、毎日を過ごしていきたいものです。
 それではこの辺で、失礼致します。まだまだ寒い日も続きますので、みなさまも体調管理にお気をつけて、どうぞ、ご慈愛くださいませ。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 19:48| Comment(0) | naru