2019年01月30日

法人が受け取る生命保険金

ここんにちは。小木会計事務所の瀬谷です。
めっきり朝が冷え込んで、布団への未練を断ち切るのが困難な季節になりましたね。

さて今日はタイトルにもあります、法人が受け取る生命保険金についてお話します。
契約者を法人、被保険者を経営者とする法人契約の生命保険は、退職金等の準備や経営者の万が一に備えるといった保障目的からの加入が考えられますが、支払った保険料の一部もしくは全部を経費として損金計上できることから節税目的で加入される法人様も多いのではないでしょうか。
支払った保険料の分だけ利益が圧縮され法人税を抑えることができますが、一方で生命保険金を受け取った際に生じる課税関係についても把握しておく必要があります。

◆保険金受取の会計処理
法人が受け取る生命保険金は、所得の計算上全額益金に計上します。このとき、当該保険に係る支払保険料のうち資産計上している金額があれば損金に振り替えます。
法人が経営者の遺族へ退職金を支払う場合、適正額と認められる部分は損金に計上することができます。また、弔慰金についても一定の金額までは、損金に算入することができます。
したがって、計算上では受取保険金の額から退職金及び弔慰金の額を控除した残額に対し法人税がかかると考えることができます。

◆遺族が死亡退職金を受け取った場合
経営者の死亡によって遺族が死亡退職金を受け取る場合、死亡後3年以内に支給が確定したものは、相続財産とみなされて相続税の課税対象となります。ただし、死亡退職金等については相続税法上、非課税限度額(500万円×法定相続人の数)が設けられているため、実際には死亡退職金等の額から非課税限度額を控除した残額に相続税が課税されることとなります。
また、経営者の死亡後3年を超えて支給が確定した退職金を遺族が受け取った場合には、一時所得として所得税の課税対象となります。
 
一般には節税商品と認識されている法人契約の生命保険ですが、後々の課税関係を理解した上で、万が一の時の保障のため、確実な資産運用のためなど目的を明確にして商品選びをすることが重要であるといえますね。

ということで簡単な説明になってしまいましたが、ご質問やご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:49| Comment(0) | setani

2019年01月26日

祝☆住宅ローン減税延長


こんにちは^^
小木会計事務所の林木です。

ついに…ついに雪が降ってきました。。。
皆様、風邪や事故に気を付けてお過ごしくださいね。



年末調整も終わり、ホッとしたのもつかの間
2019年度の与党税制改正大綱が公表されました。

そのうち、
消費増税に備えた経済政策の大きな目玉の一つが
「ローン減税の控除期間3年延長」です!

2019年10月〜20年末までの間に、
住宅を購入&住み始めたマイホームについて、
所得税や住民税の控除期間が
現行の10年から3年間延長されます。

●現在の住宅ローン控除
マイホーム購入時に
年末借入残高の1%に相当する額が10年間、
所得税などから控除され、
最大で1年あたり40万円、
10年合計で400万円(長期優良住宅は500万円)が
税額控除される制度です。

●今回の見直し
3年間の延長期間は、
建物価格の2%の金額が
3年かけて還付されます。

4千万円の建物であれば、
3年間の合計で80万円の控除が
受けられることになります。

ただし、
 @建物価格の2%を3等分した額
 A借入残高の1%の金額
を比較して少ない方の額の減額となります。



うぅーむ。
増税する度に
いろんな控除制度が見直されますね。
林木、脳みそがとろけます(←老化)。

消費税増税に関しては
「これってどうなん???」
と、不明瞭な点がまだまだあると思いますので
ご質問や不明点がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ(^^)/

posted by ☆小木会計事務所☆ at 13:40| Comment(0) | Rin

2019年01月21日

インフルエンザについて。

こんにちは、小木会計三笠です。

全国各地でインフルエンザの流行警報が出ましたね。例年は1月下旬から2月上旬が流行のピークらしいですが、今年は一週間も早く警報が出されました。その流行した原因ですが、関東の場合1月は晴天が続き空気が乾燥して、喉の免疫力が低下しインフルエンザウイルスが活性化してしまったそうです。
乾燥がどれだけの影響をもたらすか。恐ろしいものです。
昨年は、A型B型と同時に流行ったそうですが、今年はA型中心で、これからB型が流行りだすと更に厄介なことになります。
静岡の小学校では、しゃべることで飛沫感染を防ぐため、給食時におしゃべり禁止を実施されているそう。
適度な湿度と、手洗いうがい、徹底した対策が必要ですね。

長々と書きましたが、そんな私も乗りたくない流行りにのりまして、とにかく大変な目にあいました。
高熱がでてからの検査が早かった為一度目は陰性でしたが、20時間以上経ってからの二度目の検査でも陰性で
お医者様も首をかしげ、とりあえず点滴を打つ。朝になると点滴の効果がなくなったのか昼近くになると、また39.5℃に。
その晩再再度検査してようやく陽性が出て、みんなで大喜び。原因不明なものほど気持ちの悪いものは無いのです。
本来喜べないものが喜びへ変わってしまいました。

そしてここで、今回インフルエンザにならなければ知ることのなかったインフルエンザ新薬 ”ゾフルーザ”について。
従来処方されていたタミフルでは一日2回、5日間服用するのに対し ゾフルーザは一回だけ。
症状の改善効果はタミフルと同等で、タミフルは増殖したウィルスが外に出るのを防ぐ仕組みらいしですが、
ゾフルーザはその増殖自体を抑えウィルスを殺す力は100倍も大きいそう。
一度の服用でこれだけの効果があれば、周囲への感染防止効果も期待できるかも知れません。


なにはともあれ、熱が下がってきてほっとしております。
これからもまだ暫く、寒い冬が続きます。うがい、手洗い、マスク着用徹底し
風邪をひかぬよう、皆様もどうぞお気を付けくださいね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:22| Comment(0) | naoko