2018年11月11日

増税とポイント還元

こんにちは、小木会計事務所の北川です。
冷え込んだり暑かったりと気候も忙しい様相ですね。

さて、来年の10月からの消費税10%への増税に伴い、期間限定のようですがポイント還元という話も出てまいりました。
そのポイント還元率は2%で、適用となるのは

1.中小小売店での買い物
2.キャッシュレス決済を利用(クレジットカードや電子マネー、コード決算など)

この2点を満たした場合になるようです。

では還元されたポイントはどのように使えるのでしょうか。
使用方法については今のところ情報が公開されていません。
皆様も様々なポイントカードをお持ちかと思いますが、ポイントの利用方法は

@1ポイントから1円として利用可能
A100ポイントから100円としてなど、一定のポイントから利用可能
Bポイントを利用して専用のカタログから商品を交換

などがあるかと思います。
増税分の還元という目的を考えると@になる気もしますが、果たして・・・


まだまだ詳細についての公表はこれからのことですが、不安点もいくつか。
例えば、ポイントの多くには有効期限がありますよね。
知らぬ間にポイントが消滅していた、という経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
場合によってはそんな可能性も考えられてしまいます。

また、キャッシュレス決済に対応していな小売店では
導入費用や手数料など少なくない費用をかけ対応すべきなのか、悩みの種となっているのではないでしょうか。

小売店側も消費者側も今後の発表に注目したいところです。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:23| Comment(0) | kitagawa