2018年10月31日

RENEW 2018


こんにちは、小木会計事務所の林木です。

早いもので 今年も残すところ後2ヶ月…

あっという間に年末調整の季節が近づいて参りました。。。

なので・・・

今回は・・・

年末調整のお話を・・・


致しません!!!
(ド○ターX風に)


実は林木、
以前スタッフ直江のブログ記事で紹介されてた「RENEW」イベントへ行って参りました。
(紹介記事はコチラ→

ざっくり言うと「大人版 社会見学」のようなイベントでした。
思いのほか楽しかったので、今回はそちらをシェアさせていただきたいと思います。

◆RENEWとは?
http://renew-fukui.com/

***

まずは、写真のブレスレット。
原型は何かお分かりになりますでしょうか?

2018.10 眼鏡ブレスレット.jpg


そう!
眼鏡のフレーム枠です!

こちらは体験型ワークショップとなっており、自分で作成しました。

フレームに熱を加えて筒状にする
という、なんともシンプルな工程で完成する代物です!

しかし、不器用な私は腕にフィットする形状にすることができず、最後は職人さん頼みに。。。
フレームを選ぶのに長時間悩んだあげく、職人さんの手までお借りして500円という価格破壊。
人件費、大丈夫???
今更ながら深くお礼申し上げます。


↓そんな素敵な方々がいらっしゃる会社はコチラ↓
◆株式会社 キッソオ
http://japan.kisso.co.jp/company





また、こちらの時計(文字盤)には何が使われているか お分かりになりますでしょうか?

2018.10 漆時計.jpg


・・・ファイナルアンサー??

そう。
なにを隠そう「漆」です!

漆って、取扱いやメンテナンスが大切なイメージがありませんか?
だけど時計ならそこまで心配ないハズ!
(あくまで個人的見解です。)

バングル部分には 鯖江の眼鏡技術が思う存分生かされており、
チタン素材で金属アレルギーの私にも安心♪
取り外しも簡単なので、気分に合わせて楽しむことができます。

文字盤も安心のmade in Japan!
シチズン製とかなんとかで…耐久性もバッチリです♪


↓気さくな社長&弟様がお相手してくださいます↓
◆株式会社 サンユー
https://san-you.jp/

***

こんなに素敵な会社が身近に沢山あることを、
このイベントに参加するまで全然知りませんでした。

普段、何気なく手にしているモノ。
その一つのモノに関わる沢山のヒトの想い。

「ものづくり」って素晴らしい!
と改めて感じました。
RENEWを企画してくださった方々に感謝感謝です♪

私も小木会計事務所の一員として、顧問先様と一緒にますます精進していこう!
そう強く感じた一日となりました。


朝晩の冷え込みが厳しくなって参りましたので、
皆様も体調崩されませんようお気をつけくださいませ(^^)

これからも宜しくお願い致します!
posted by ☆小木会計事務所☆ at 18:01| Comment(0) | Rin

2018年10月26日

防災訓練について。

こんにちは 小木会計事務所の三笠です。

朝夕めっきり冷え込んできましたが、みなさまお元気ですか?
紅葉はまだ少し先だけど、秋風に揺れるコスモスやうろこ雲をみて、すっかり秋色になった景色を楽しんでいる方も多いのではないでしょうか。かわいい
私はそんな景色を満喫しながら、各地で行われている様々なイベントに参加しましたが
その中でひとつ、とても貴重な体験をさせて頂きました。

それはなんと・・私の住んでいる地区の防災訓練です。
午前8時になるサイレンを合図に、玄関口にバケツをおいて一時避難所に避難をし、二回目のサイレンで広域避難所に避難を開始する。
(このバケツを置く意味は、避難完了の印でした。)
想定は、災害:地震、被害:土砂災害・越水・漏水、橋の崩壊。

広域避難所に行ってからは、消防隊の方からのお話がありました。
非常持ち出し品の確認や、室内、室外にいて地震が起きた場合どうするか、等。
家の中にいて地震が起きたときは、まず、机の下に隠れる。これは一般的だと思いますが、外で地震が起きたときどうするか。勿論外と言っても色々な状況がありますが、ガソリンスタンドが近くにある場合は、ガソリンスタンドへ一時的に逃げ込むように、との事でした。

ガソリンスタンドは防火対策も万全で、阪神淡路大震災では、ガソリンスタンドで火を食い止めた事例もあるようです。

近年日本では特定の地域に限らず様々な場所で大きな地震が発生しています。私たちが住んでいる地域にもいつ大きな地震や災害が起きるかわかりません。
不意の災害に備え、日頃からの心構えが本当に大切だと実感しました。

一緒に避難訓練した4歳の娘はきっと、何が起こっているのか全く理解していなかっただろうと思うけど、消防隊の方々の服装や、避難場所の風景ををなんとなくでも覚えることは出来たのではないかと思っています。

実際に災害が起きることを考えると、きっと冷静に判断なんか出来ないだろうな、、なんて思うけど、一次避難所や広域避難所への経路を確認しただけでも大きな収穫になったのではないでしょうか。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:54| Comment(0) | naoko

2018年10月17日

読書の秋

こんにちは、小木会計事務所の高佐です。

今週の日曜日、池井戸潤さんの「下町ロケット」シリーズの続編ドラマがスタートしました。

私は一時、池井戸潤さんの作品ばかり読んでいた時期がありました。
作品の魅力は主人公がとても情熱的でヒーロー的な存在であり感情移入しやすい点や、
ピンチに次ぐピンチを乗り越えての逆転満塁ホームラン的な展開です。

中でも私の好きな場面は、前編のドラマの中で主人公が
「仕事っていうのは、二階建ての家みたいなものだと思う。
 一階部分は飯を食うためだ。必要な資金を稼ぎ、生活していくために働く。
 だけど、それでは窮屈だ。だから、仕事には夢がなきゃならないと思う。
 それが二階部分だ。夢だけ追っかけても飯は食えないし、飯だけ食えても
 夢がなければつまらない」と従業員の方へ訴えかける場面です。

ご存知の方も多いかと思いますが、池井戸潤さんは元銀行員です。
その為、銀行を舞台にした作品が多く、銀行員の心情なども細かく描かれていて、
銀行ってそうだったのかと妙に納得させられてしまいます。

ビジネス書としての要素もあるので、
ご興味を持たれた方は秋の夜長にぜひ池井戸潤シリーズを読んでみて下さい。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 14:32| Comment(0) | yasuko