2017年07月13日

目的と手段

こんにちは、小木会計事務所の谷口です。


先日、お客様先で社長様の役員報酬の金額について

相談させていただいていたときのこと。



個人の所得税の節税の話になり、小規模企業共済のご提案をさせていただきました。

小規模企業共済とは、役員または個人事業主が加入できる共済です。

掛けた金額がそのまま所得控除とすることができ、

掛金は役員の退職時、または事業の廃止時に退職金として、または年金として

掛金の100%以上で受け取ることができます。


つまり、所得税率の高い時期に所得控除を受け、

税率の低い時期に収入とすることで、

節税を図ることができます。


しかしながら、その社長様はぽつりと、

「年寄りになってからお金つかわんしなぁ。。。」

とつぶやかれました。


上の方法ですと、確かに生涯で払う税金は少なくなるのですが、

人生の中ではお金がたくさん必要な時期と、

あってもあまり使わない時期があります。


ちょうどその社長様はお子さんの大学進学時期でして、

かつ、将来的にも70歳くらいまでは仕事を続けるおつもりでした。


そのような条件ですと、確かに生涯かけての節税よりも

今現在のお金の方が重要になってきますので

先ほどのつぶやきにつながったということです。



節税を「目的」としてを考えるのではなく

お客様ひとりひとりに対して、

どのようなお考えをされているのかを理解させていただき、

そのうえで「方法」としての節税を提案しなければ

ならないのだ、と考えされられたお話でした。

S__15949869.jpg
写真は先日東京に行った際に立ち寄った将棋会館です。

棋士のグッズはほとんど売り切れで、

売っているのは10万〜の駒や盤のみでした。。。

棋士たちのオーラで子供も頭よくならんかなーとか

考えてました。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:53| Comment(0) | masanori

2017年07月10日

話さないと

こんにちは 小木会計事務所の大柳です。

2か月くらい前ですが
お客様とパジャマを洗う頻度について話題になり
「冬は4,5日は着てるかな」と言うと、
めちゃ驚かれ、めっちゃ引かれました。_| ̄|○

それからは1.5日に一回は洗うようにしています!

足りない?。。。(笑)


話してみないとわからないことって
ありますね。

自分は当たり前でも
人からしたら意外で驚く。


だからこそ、
コミュニケーションを大切にしています。

今日も集金係だったので
担当ではないお客様とも交流ができ
新しい感動をいただいて
お客様を好きになり
そんな出会いをくれるこの仕事を
さらに好きだと実感しました。


スタッフ間でも
何でも共有できるよう
日々話し合いです。(笑)


一見、雑談している風ですが
めっちゃ貪欲です。
お客様を理解したい!
もっと多くの情報を提供したい!!


だから遠慮せず私にたくさん語りかけてください。
私もたくさんお返しさせていただきます(*^人^*)



posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:33| Comment(0) | reiko

2017年06月28日

税額控除制度の利用

こんにちは、小木会計事務所の直江です。

ジメジメした季節になりました。
家のまわりにカエルくんがたくさん遊びにくるので、もうすぐ2歳になる娘は「くわぁくわぁ」とカエルの歌を歌い喜んでいます。
娘は日々成長して私の知らないところでも新しいことを吸収していて感心するばかりです。
歌も上手に歌います。
泣きまねもします。
着替えをしたり靴を履いたり。
この数か月でできることがたくさん増えました。
先日亡くなった小林麻央さんのことを思うと、子供の成長を見れることがこれまで以上に愛おしく、うれしく感じられます。


さてお仕事のお話。


先日お客様が作成されている元帳を決算のために見させていただいた時、昨年までには出てきていない用語が並んでいて、新しく何か始めてみえるかなと思うことがありました。


会社が製品の製造又は技術の改良、考案若しくは発明に係る試験研究のために要する原材料費、人件費及び経費のほか、他の者に試験研究を委託するために支払う費用の支払がある時、試験研究費の総額に係る税額控除制度などを受けることができます。

中小企業においては、その事業年度の損金の額に算入される試験研究費の額に12%を乗じて計算した金額が限度額となります。
(ただし、中小企業者等税額控除限度額がその事業年度の法人税額の25%相当額を超える場合は、その25%相当額を限度)


お客様に確認したところ、開発に関わる費用一覧を作成していただけたので、上記の中小企業技術基盤強化税制と試験研究費の額が増加した場合等の税額控除制度を受けることが出来ました。


これから新しく何かにチャレンジすることをお考えのお客様は担当者にご相談ください。


posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:55| Comment(0) | hiroko