2019年05月13日

勤務間インターバル制度

こんにちは。小木会計事務所の瀬谷です。
みなさん連休はゆっくり過ごせましたでしょうか?もしかするとお休みがない方もいらっしゃったかもしれませんね!色んな働き方がありますもんね!

ということで、今回は働き方改革法で努力義務化される「勤務間インターバル制度」を確認しましょう!
◎ 勤務間インターバルとは
Aさんが残業をして23時まで働いたとします。11時間の勤務間インターバル制度を導入するとAさんの翌日の始業時間は午前10時になります。会社の就業時間が午前9時から午後5時だとしても、就業規則にインターバル制度の運用が規定されていればAさんが10時に出社することは遅刻にならず、通常通り午後5時に退社しても1日勤務の扱いになり賃金面で不利益は受けません。
法律ではインターバルの時間を何時間にすべきか明記していませんので、4月から改めてスタートする「時間外労働等改善助成金」では9〜11時間以上のインターバルを設けるように設定されていることが目安になるでしょう。ヨーロッパではすでに導入され11〜12時間の設定がされているようですよ!

◎ 勤務間インターバル導入のメリット
厚労省の有識者検討会報告書によると導入のメリットは下記の4つあるみたいです。
@ 健康維持に向けた睡眠時間の確保につながる。
A 生活時間の確保によりワークライフバランスの実現に資する。
B 魅力ある職場づくりにより人材確保・定着につながる。
C 企業の利益率や生産性を高める可能性が考えられる。

政府は2018年1月現在で1.8%にとどまっている導入企業の割合を、2020年までに10%以上とする目標を掲げていて、4月からは勤務間インターバルにかかわる「時間外労働等改善助成金 勤務間インターバルコース」の助成金額が倍の最大100万円まで増額されます。
労働能率を改善する物品やソフトの購入、入れ替えも対象になるのでこれを機会に労務環境に手を入れるのがいいのかもしれませんね。

連休が続いたから働きたくない、という声が聞こえない素敵な社会になるといいですね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 08:00| Comment(0) | setani

2019年05月10日

Windows7からついに!


こんにちは、小木会計の林木です。

令和が始まったものの
パソコンと会計ソフトの元号対応にズレがあり
どうしたらいいのか最近気になっている林木です。

パソコンといえば
Windows7のサポートが来年1月に終了しますね。

と、なると
あの面倒くさいPC入替作業をしなければなりません。。。

小木会計は先月
Windows10へ入替作業を行いました(所長が)。

入替作業の際には
データを引き継いだりするのが大変ですよね"(-""-)"
と、思うのは林木だけでしょうか?

特にメールデータの移行に苦戦し。。。

Google先生に聞いても
アドレス帳の移行方法は教えてくれるが
受信トレイや送信済トレイの移行方法はなかなかの秘密主義。

なので、
私のような彷徨える子羊にならないよう
数少ないこのブログの読者の方々に向けて
私が行った手順を簡単にご紹介したいと思います。

***

【前提条件】
・旧PC(Win7)でLiveメールを使用している
・新PC(Win10)でOutlookを使用する


1.旧PCでの作業
 @ Outlookを使えるように設定(アカウント設定等)
 A LiveメールからOutlookへ エクスポート&インポート
  →エクスポート&インポートの方法は下記WEB(※注1)を参照。
 B Outlookで新PCへ移行したいデータをエクスポート


2.新PCでの作業
 C OutlookでBのデータをインポート
  →インポートの方法は下記WEB(※注2)を参照。 


※注1
http://www.bintaka.net/entry/OutlookMigration

※注2
https://azby.fmworld.net/support/corner/denki/041/?supfrom=top_pickuptext

***


あれ?
文字に起こすとそんな大変そうではないですね(笑)

ただ、林木は送信済トレイを移行したいがために
失敗を繰り返した結果、2時間程かかりました( ;∀;)
なんと粘り強いことでしょう…
途中で「もう いいや…」と何度思ったことか。。。
出来れば永遠にサポートして欲しいものですね。


会計ソフト等をご利用いただいているPC入替えは
ライセンス等の再設定が必要となりますので
早めにお声がけいただけると幸いです♪
それでは、また(^^)/


posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:23| Comment(0) | Rin

2019年05月02日

平成から令和へ

こんにちは。小木会計事務所の三笠です。
2019年4月1日 新元号が発表され、31年続いた平成は終わり、ついに、5月1日より「令和」となりました。

新元号は「令和」ですが、この意味やこの元号になった経緯がとても気になり少し調べてみました。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、令和は万葉集の梅の花の歌の序文から出典したそうです。
漢字そのものの意味というと、、、

「令」
神のお告げや、上位者のいいつけ
おきて、お達し
清らかで美しいさま

「和」

和解
丸くまとまった状態
ゆったりと和らいださま

そしてこれが万葉集の梅の花の序文です。かわいい

時に、初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす

時に、初春の好き月にして、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っている

人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められているそうです。

万葉集は日本最古の歌集であり、天皇や貴族だけでなく防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌がおさめられており、そして、日本の豊かな国民文化であり、長い伝統を象徴する書物であることから選ばれたようですね。

香り高い文化と四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄を次の時代へと引き継ぎ厳しい寒さの末に咲き誇る梅のように、日本人ひとりひとりが明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができるようにと安倍総理はそうした願いを込められました。

私達の国の歴史や文化が色褪せることなく、美しい自然を愛でる平和な時代にしていきたいものですね。
posted by ☆小木会計事務所☆ at 16:49| Comment(0) | naoko