2019年09月10日

『iDeCo+(イデコプラス)』ご存知ですか?


こんにちは 小木会計事務所の大柳です。 

突然ですがみなさん、
『iDeCo+(イデコプラス)』ご存知ですか?

厚生労働省概要
『企業年金を実施していない中小企業(従業員数100人以下)において、
 iDeCoに加入している従業員の加入者掛金に対して、
 事業主が掛金を上乗せ(追加)して拠出することができる制度』
とあります。


例を上げさせていただくと・・・
  iDeCo掛け金
   ・従業員様1万円
   ・事業主様5千円の上乗せ
   といった具合です。
   (合計が5,000円〜23,000円の中で1,000円単位で決定)
  事業主様の感覚的には中退共に似てる?


特徴
 事業主様が負担した掛け金は
 企業型と同じく、
 @損金算入が認められ、
 A社会保険料の対象外

 企業型と違い、
 B掛け金制限なく
 事業主様は従業員様との掛け金合計が23,000円に達するまで
 自由に上乗せすることが出来ます。



 企業型との大きな違いは、
  事業主様のコストをかけず
  導入できるところです。

 中退共との違いは、
  『iDeCo+』では
  あくまでも従業員様が掛け金を拠出しないと
  会社は上乗せできないので、
  自助努力への意欲を強く刺激することができます。

アメリカはこの仕組みで
401kを普及させました。
素晴らしい仕組みなのです。


ではなぜ日本では普及しないのでしょう?

平成30年5月スタートから今日までの
加入者数は500事業所、4千人。

少なすぎです。

理由はおそらく
企業型と同じく
インセンティブがない

普及させたいなら、金をくれパンチです。
(古い?www)



iDeCo+は
マニュアルを見ながら
ご自身で簡単に申請することができます。

わたくしどもがお手伝いさせていただければ
更に問題なしです。

ぜひ一度ご検討ください。
m(_ _)m

ではまた。


続きを読む
posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:31| Comment(0) | reiko

2019年09月04日

一歩先をゆく

こんにちは。小木会計事務所の玉村です。


みなさま、RFIDというものをご存知でしょうか?

RFIDとは、識別番号などを記録した微細なICチップをタグなどに埋め込んで物品に添付し、外部と無線通信することにより個体識別や所在管理、移動追跡などを行う仕組みのこと。


文字で見ても、よく良くわからないと思いますので、私の体験をもとにご説明します。


先日、ユニクロを訪れた時のこと。お会計がセルフレジになっていました。

それも何やら、私が知っているセルフレジとは、一味違います。

スーパーなどで店員さんが商品のバーコードを読み取り、お会計だけセルフで行う形態や、レンタルショップなどで、お客自身でバーコードを読み取り、お会計までセルフで行う形態などは、経験済みでしたが、何やらユニクロは、そのどちらでもない。更なる進化系のようです。


使い方を読み、いざ実践!

商品が入ったカゴを所定の位置に置いて、横にある端末の「お会計ボタン」を押します。

すると、画面に一瞬で商品名、商品点数、会計金額が表示されているではありませんか?!

一つずつバーコードをピッと読み取る必要もなくなって、あっという間のお会計でした。

また、商品は自分で袋詰めするので、好きなように入れられてよかったです。

私は、時間がかかっても良いから綺麗に畳んで袋に入れたい派、一方旦那は、とりあえずは入ればよいのでポイっと放り込む派。特に旦那は、定員さんが綺麗に畳んでくれるのを待つのも嫌なタイプなので、セルフでポイっとできるスタイルは、大歓迎のようでした(笑)


この一件で、大活躍しているのが「RFID」というもの。

RFIDタグに書き込まれている商品コードは、すべて連番が振ってあり、個品管理。同じ商品(色、柄、サイズも同じ)でも、1点1点の識別が可能で、数十点のものも一瞬で判別!

これにより、レジ待ち列の解消(精算時間の短縮)、レジ要員の削減に効果があるのだとか。

さらには、個別管理で、万引き防止や検品・棚卸時間の短縮が、メリットとしてあるようです。


ただ、一方で、高齢者や機械操作に抵抗感がある方も、多くいるのが現状ですね。「なんでも電子化・セルフ化すればいいってもんじゃない!」と、私の親も嘆いておりました。

電子化やキャッシュレス化が今後進む中で、そのような客層と、どう向き合っていくかも企業の課題となりそうですね。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 17:43| Comment(0) | ai

2019年08月29日

新時代の到来??

こんにちは、小木会計事務所の吉村です。

昔から福井では、お盆を過ぎると涼しくなると言われていますが、朝・晩は涼しく過ごしやすい日となってきましたね。先人達の知恵というものには、驚かされます。

早稲の刈り取りも始まり、待ちに待った収穫の秋が近づいてきました。“食欲の秋”といわれるくらいですから、今年もしっかりと、欲にまみれていこうと思います(笑)

さて先日はお盆ということもあり、全国各地に仕事や結婚で福井を離れていた友人たちが、里帰りで帰って来ました。仕事の話や子どもの話など、とても有意義な時間を共有することが出来ました!!色んな話をしていると、やはり地方と都市部では違うなぁと感じることが多々あり、刺激を受けました。

特に、ウェブページやアプリの利用頻度。UberAnycaAirbnbなど多くのアプリを駆使して生活できる環境にあるということ。(うらやましい!!)利用者と登録者が多くいる都市部だからこそ、利用できる機会が増えているのかもしれないです。私も、大阪・東京などの都市部に行くときは、普段使えないため、ついつい使ってしまいます(笑)

しかし地方にいても、オンラインでのスクールや習い事など、自分のやりたいこととマッチしてくれるサービスは、たくさんあるように感じます。しかも、海外ともつながれる。  外国語を学びたいときは、重宝しそうです。

KDDIの高橋社長が「令和元年は5G元年でもある。」と話していました。これからさらに、色んな技術やサービスが登場すると言われています。自動車の自動運転技術やARを使ったスポーツ観戦などから、医療、建築などの様々な分野にまで活用できるようです。先日行われた、NBAプレーヤー八村塁選手で話題のバスケットボール日本代表の試合でも、ARグラスをかけた試合観戦が行われたようです。(見てみたい!!)

新しい技術にワクワクしつつ、取り残されないようにしないとな、と感じます。今あるものを、新しいものを取り入れることで、より進化できないかを考えて、柔軟に対応できるようにしていきたいです。

posted by ☆小木会計事務所☆ at 20:34| Comment(0) | naru